デクセリアルズ株式会社

【2021年版】反射防止膜 メーカー8社一覧

反射防止膜のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


反射防止膜とは

反射防止膜とは、ディスプレイ表面に成形され、光の表面反射や映り込みを低減するための光学膜です。ベースとなるフィルムの上に高分子の膜を積層し、層間における屈折率の差を利用して光の干渉を起こし、反射光を弱め合うことで反射率を低減することができます。反射防止膜の中に微粒子を添加して、光を散乱させるタイプのものもあります。

反射防止フィルムは家庭用に市販もされており、テレビ、PCモニターやスマートフォンのディスプレイ表面に貼り付けて使用することができます。

反射防止膜の使用用途

反射防止膜は一般的に、基材、ハードコート層などの上に塗布して形成されます。表面反射を抑える効果はもちろん、ホコリや汚れの付着を抑制する、ディスプレイを保護するなどの役割もあります。

複数の層を積層した反射防止フィルムは、主にテレビ、PCモニターやスマートフォンなどのディスプレイに使用されます。また、表面反射によるエネルギーロス防止の目的で、太陽熱集熱器や核融合用レーザー装置などの大型機器にも使用が検討されています。

反射防止膜の原理

反射防止膜とは基材の上に複数の光学膜が積層した構造をしています。各層の界面での屈折率が異なるため、干渉がおこりその原理を利用して特定の波長の反射率を低減させた膜のことです。多層(マルチコーティング)することにより、ディスプレイ等の表面反射を低減、透過率をより向上させ画面を見やすくします。

反射防止フィルムはLR(英語: Low-Reflection)フィルムとAG(英語: Anti-Glare)フィルムに大別されます。LRフィルムは、光の干渉を利用して反射光を低減させることができます。高い透過率と高いコントラストを有し、透過光の散乱も少ないので、画像の解像度低下を抑制することができます。AGフィルムは、ハードコート層の中に粒子を入れることで、膜の表面に凹凸を形成します。この表面の凹凸が入射光を散乱させると同時に、ハードコート層と粒子の屈折率の差による内部散乱を利用することで、映り込みを抑制することができます。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sfj1970/32/8/32_8_421/_pdf https://www.konicaminolta.jp/about/research/technology_report/2007/pdf/introduce_008.pdf https://www.toppan.co.jp/electronics/display/anti_reflection_film/

反射防止膜のメーカー情報

反射防止膜のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 AGC株式会社
  2. 2 富士フイルム株式会社
  3. 3 日産化学株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 デクセリアルズ株式会社
  2. 2 富士フイルム株式会社
  3. 3 京浜光膜工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日産化学株式会社
  2. 2 AGC株式会社
  3. 3 安達新産業株式會社

反射防止膜のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す