産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社リガク
株式会社マーケトーソンソリューション
株式会社エックスライン
松定プレシジョン株式会社
日本アレックス株式会社
ヤマト科学株式会社
ポニー工業株式会社
ブルカージャパン株式会社
ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
オムロン株式会社
エクスロン・インターナショナル株式会社

【2020年版】X線検査装置9選 / メーカー14社一覧

X線検査装置のメーカー14社・32製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


X線検査装置とは

X線検査装置は、対象物を破壊することなく、目では見えない領域の異物や破損を知ることができるため、元素の特定や有害物質の含有を正確に計測できる装置です。

X線を機検査品に照射して得られる透過画像に基づき、目に見えない内部の状態を検査・評価します。

可視光カメラでは撮影できない内部を透視することができることから、モノづくりの際、異物混入や有害物質対策といった高品質を維持するためには欠かせない装置となっています。

X線検査装置の使用用途

いまやX線検査装置は医療・食品・電子部品の製造加工のみならず、建築業界や航空業界などとあらゆる場面で利用されるようになっています。

具体的には、病院でのレントゲン撮影や空港での荷物チェックが挙げられます。

また、医療業界においても内視鏡分野やCTスキャナシステム、デジタル線システムはもちろん、動物研究といった研究分野で使用されることがあり、製造分野でも電子回路の内部に対して非破壊検査が行われることがあります。

X線検査装置の原理

X線とは、放射線のひとつであり、高いエネルギーを持ち光束で飛ぶ“粒子”と“粒子線”、短い波長の“電磁線”の総称を指します。

X線を含む放射線には、アルファ線、ベータ線、ガンマ線、エックス線、中性子線の計5種類があります。

このなかでもX線はガンマ線と並んで波長が非常に短い電磁波であることから物質の透過性が高く、物質を構成する原子と原子の間を通過することができます。

ただし、鉛や鉄の厚い板で遮ることができます。

X線が物質の原子核のまわりを回る電子と衝突すると、光電効果や非弾性散乱といった様々な相互作用が起きます。

このような現象が起きなかったX線が物質を透過して透過X線となり、その染料が多いほど明るく白く映る仕組みです。

逆に透過する際に減衰した部分は暗く黒く映ります。実際、レントゲンなどを使用して撮影した画像はモノクロですが、この色の濃淡はX線の透過量に起因しています。

一般に、透過X線の強さは、対象物質の原子番号と密度、厚みなどの要素により決まることが分かっています。

参考文献
https://jss1.jp/column/column_44/
https://www.matsusada.co.jp/column/words-xray3.html
https://www.anritsu.com/ja-jp/infivis/knowledge-center/technical-topics/what-is-x-ray-inspection

X線検査装置のメーカー情報

X線検査装置のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 キヤノンメディカルシステムズ株式会社
  3. 3 ヤマト科学株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社
  2. 2 株式会社エックスライン
  3. 3 株式会社マーケトーソンソリューション

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 エクスロン・インターナショナル株式会社
  3. 3 キヤノンメディカルシステムズ株式会社

X線検査装置のメーカー14社一覧


X線検査装置9選

X線異物検査装置

株式会社リガク X線異物検査装置 画像出典: 株式会社リガク公式サイト

特徴

こちらは、隠匿物や不審物を触れることなく非破壊で画像化することができる携帯型後方散乱X線撮像装置になります。

後方散乱X線撮像装置のなかでも小型で軽量、持ち運びができるのでその場で対象物に触れることがなく内部の撮像が可能で、フィルムあデジタル撮影媒体などは不要になります。

高い解像度、カラーLCD、タッチスクリーンといった構造でリアルタイム検査を可能にしています。

バッテリーでの駆動のため素早く撮影ができ、PCへの画像取り込みも可能のため詳細画像解析を実現した製品になります。

株式会社リガクの会社概要

製品を見る

汎用ナノフォーカスX線顕微検査装置 TUX-3300N

株式会社マーケトーソンソリューション 汎用ナノフォーカスX線顕微検査装置 TUX-3300N 画像出典: 株式会社マーケトーソンソリューション公式サイト

特徴

本製品は、分解能が0.4/0.6/1/2/3μmの5段階で切り替え機能がついており、ユーザビリティを考慮した筐体デザインの汎用ナノフォーカスX線顕微検査装置になります。

高速な検査機対応機能も追加されており半自動検査機にも対応、検出器は最大傾斜は60℃で直径400mmのステージサイズを搭載した製品になります。

モニターの倍率は7400倍で幾何倍率は1200倍と高い倍率を有し、スケール表示機能やオートアライメント機能、オートフォーカス機能など様々な機能が搭載しています。

他にもワークを自動的にまっすぐに整列させる機能や傾斜時に見たい場所から逃れないように着目点設定機能なども搭載されています。

株式会社マーケトーソンソリューションの会社概要

製品を見る

卓上型X線透過検査装置(縦照射型)

松定プレシジョン株式会社 卓上型X線透過検査装置(縦照射型) 画像出典: 松定プレシジョン株式会社公式サイト

特徴

本製品は、非破壊で対象物の内部を検査することができる卓上型のマイクロフォーカスX線透過検査装置に(縦照射型)なります。

小型で高い精細モデルのものから大型で高い透過力モデルのものまで幅広いラインナップ(7種類のシリーズ)があり、用途に応じて最適なシリーズを導入することが可能です。

工業分野や医療分野、生物学分野なども非破壊検査が可能で、例えばECUに使用されるBGA/QFN/SON/DEN/LGA/コネクタなどの目視不可な部品の検査にも用いることができます。

松定プレシジョン株式会社の会社概要

製品を見る

蛍光X線膜厚検査装置

日本アレックス株式会社 蛍光X線膜厚検査装置 画像出典: 日本アレックス株式会社公式サイト

特徴

本製品は、オートプログラムコントロール機能搭載で高性能X線管と高感度検出器が設定膜厚のばらつきを大幅に減少させることを実現した高い測定精度および再現性を可能とした蛍光X線膜厚検査装置になります。

専用のソフトウェアとパソコンは独立しているため、非常時のバックアップやデータ整理の作業性、生産現場における利便性を考慮した測定器になっています。

内部構造をモジュール化しイニシャルコストを削減、部品交換も必要なものだけ迅速に行うことが可能といったメンテナンス性にも優れている製品になります。

日本アレックス株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 千葉県柏市十余二348-149
  • URL: http://www.nalex.co.jp/
  • 創業: 1991年
  • 従業員数: 28人

製品を見る

直線加速型X線装置 Linatron Xp

ポニー工業株式会社 直線加速型X線装置 Linatron Xp 画像出典: ポニー工業株式会社公式サイト

特徴

本製品は、XバンドのパルスX線発生装置とモジュレ―タから構成されており、それぞれがポータブルな容器に格納された直線加速型X線装置となっています。

機動性を考慮した設計になっていて、テロ対策や貨物・手荷物検査などのセキュリティ市場や非破壊検査の現場にて活用できる実用的な高エネルギーX線透視画像化機能を搭載しているため、高解像度デジタル画像の出力が可能となっています。

空冷式と水冷式の2タイプあり、ビームセンタラインを3つの位置に調整でき、一次ビームの光路がその時の用途に適した配置で設定可能となっています。

また、本製品の重量は約110kgと従来のものより軽量化を実現した製品になります。。

ポニー工業株式会社の会社概要

製品を見る

Quadra 7

ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社 Quadra 7 画像出典: ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社公式サイト

特徴

Quadra 7は、ノードソン・デイジ社のメンテナンスフリー仕様でシールド・トランスミッシブ管X線発生器が搭載された製品になります。

解像度は10Wまでは0.1μm/20Wまでは0.3μmの認識が可能、管電圧は30~160kVで最大出力は20W、6.7M pixel フラットパネル検出器を搭載しています。

モニターは24インチの4K対応、最大幾何学倍率2500倍でデジタルズーム使用時は最大68000倍となっております。

サンプルの最大重量は5Kgで最大高さは210mmまで対応、マッピング機能を使用して観察の位置を指定したり、オートトラッキング機能を使用して目標の位置をずらすなどの観察方法も可能となっております。

ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都江東区越中島1丁目1番1号 ヤマタネ深川1号館1階
  • URL: http://www.nordson-at.com/
  • 創業: 2014年
  • 従業員数: 550人

製品を見る

Quadra 5

ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社 Quadra 5 画像出典: ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社公式サイト

特徴

Quadra 5は、Nordson DAGE社のメンテナンスフリー仕様でシールド・トランスミッシブ管X線発生器を搭載した製品になります。

Nordson DAGE社の長寿命な3.0M pixelフラットパネル検出器を搭載し、最大幾何学倍率2500倍、デジタルズーム使用時は最大45000倍を可能としています。

解像度は10Wまでで0.35μm/20Wまでで0.95μmの認識が可能、管電圧は30~160kVで最大出力が20Wとなっています。

テーブル寸法は508×444mmでエアーによるAXiSも標準装備、24インチのモニターを搭載で簡単なマウスの操作だけですべての操作が可能、またサンプルの最大重量は5Kgまで対応できサンプル自体を回転させないのでスムーズに観察点に移動可能な仕様となっています。

ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都江東区越中島1丁目1番1号 ヤマタネ深川1号館1階
  • URL: http://www.nordson-at.com/
  • 創業: 2014年
  • 従業員数: 550人

製品を見る

Quadra 3

ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社 Quadra 3 画像出典: ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社公式サイト

特徴

Quadra 3は、Nordson DAGE社のシールド・トランスミッシブ管X線発生器を搭載した解像度0.95μmの認識が可能な製品になります。

管電圧は30~160kVで最大出力が10W、1.4M pixelフラットパネル検出器を搭載し、最大幾何学倍率2000倍、デジタルズーム使用時は最大7500倍を可能としています。

テーブル寸法は508×444mmでサンプルの最大重量は5Kgまで対応でき、マッピング機能を使用して観察の位置を指定したり、オートトラッキング機能を使用して目標の位置をずらすなどの観察方法も可能となっております。

ノードソン・アドバンスト・テクノロジー株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都江東区越中島1丁目1番1号 ヤマタネ深川1号館1階
  • URL: http://www.nordson-at.com/
  • 創業: 2014年
  • 従業員数: 550人

製品を見る

X線検査

アジアエレクトロニクス株式会社 X線検査 画像出典: アジアエレクトロニクス株式会社公式サイト

特徴

本製品は、X線自動検査装置、マイクロフォーカスX線検査装置、X線検査装置の3タイプあります。

X線自動検査装置は自動判定・自動搬送を可能にした効率的な検査装置で、マイクロフォーカスX線源と高解像センサーを組み合わせた高精細撮像と実績のある画像処理技術で高精度な検査を実現した製品になります。

マイクロフォーカスX線検査装置はマイクロフォーカスX線源を搭載した拡大倍率を任意に設定可能で高いコントラスト及び高速ラインセンサー津尾祭によりインライン検査を実現した製品になります。

X線検査装置は高速かつ安価でオプション追加によりインラインかによる全数検査も可能、また小型可視光カメラとXYステージにより広範囲の視野を確保でき、魔所を取らないコンパクト設計で検査対象より構成ユニット置き換えなどカスタマイズ対応できる製品になります。

アジアエレクトロニクス株式会社の会社概要

製品を見る

X線検査装置の32製品一覧

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器