産業用製品比較のメトリー
メトリー
ポニー工業株式会社

【2020年版】X線発生装置 メーカー8社一覧

X線発生装置のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


X線発生装置とは

X線発生装置とは、放射線の一種であるX線を発生させる装置のことです。X線は1895年にヴィルヘルム・コンバート・レントゲンによって発見されました。物質を透過する特性を持っていたことから世紀の大発見となり、X線は当時の人々を驚愕させます。現在では透過性を利用して医療用や工業用の機械に使われており、X線発生装置は様々な場所に広がっています。特にレントゲンとして医療用で利用されているため、広く知られている技術でしょう。

X線発生装置の使用用途

X線発生装置は医療用として広く使われています。誰もが耳にしたことのあるレントゲンもX線を利用した技術の一つです。透過性を持つX線ですが、人体に照射する際にその一部は臓器や骨に吸収されます。この性質を利用して、透過率の変化から内部を撮影する技術がレントゲンです。

他にも、製品を破壊せずに内部を確認することができるため、製品のチェックとして工業用にも使われています。また、空港の手荷物検査など身近な場所にもに利用されている技術です。

X線発生装置の原理

X線発生装置は真空中の電極に高電圧を加えることでX線を発生させる装置です。装置の構造としては真空中に+のターゲットと-のフィラメントを用意します。高電圧によりフィラメント電子が飛び出し、ターゲットにぶつかることでX線が発生します。ターゲットに電子がぶつかり原子内に入り込むと、そのエネルギーのほとんどは熱に変わります。しかし、原子核付近で起動が曲げられた電子や原子内の電子に衝突した電子により不安定な状態が作り上げられ、この構造を安定させるためにX線としてエネルギーを放出するのです。発生するX線は大きく分けて次の二つです。

  • 特性X線

電子同士の衝突によって発生したX線のことで、単一波長で強いエネルギーを持ちます。物質にぶつかると、その元素特有の二次X線を発生させるのも特徴です。物質の成分分析などに利用されています。

  • 連続X線

衝突によって起動が曲げられたことで発生するX線のことで、複合波長を持ちます。透視検査などに利用されています。

参考文献
https://www.jsrt.or.jp/data/citizen/housya/x-01/
https://www.softex-kk.co.jp/media/info/a14
http://www.x-raykinki.co.jp/wp-content/uploads/2015/04/027-031-KATSUBE.pdf

X線発生装置のメーカー情報

X線発生装置のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 昭和電工マテリアルズ株式会社
  2. 2 DIC株式会社
  3. 3 株式会社グラノプト

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ジョブ
  2. 2 株式会社コムクラフト
  3. 3 ダイヤ電子応用株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社グラノプト
  2. 2 DIC株式会社
  3. 3 昭和電工マテリアルズ株式会社

X線発生装置のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す