株式会社三啓
東芝ITコントロールシステム株式会社

【2021年版】CTスキャナ メーカー3社一覧

CTスキャナのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


CTスキャナとは

CTスキャナ

CTスキャンは、Computer tomographyの略でコンピューター断層撮影のことです。X線を物体に透過させることによって、物体の内部の構造を取得します。X線は、物質によって吸収される量が異なってくるので、その違いを測定することで内部構造を得ることができます。医療用が一般的ですが、産業用にも使用されています。使用する際は、X線による被ばくに注意が必要になります。産業用の製品では、出荷前の検査にも使用できる高速でのスキャンができる製品もあります。

CTスキャナの使用用途

CTスキャンは、医療用に主に使用されていますが、産業用としても利用されています。医療用としては、脳や肺などに異常が無いかを診断するために使用されます。産業用としては、製品の内部構造を検出することによって、配線の内部寸法の測定や、鍛造製品の内部の様子の解明、誤差の測定、繊維の配列の検出などに使用されます。医療用に使用する場合は、被爆しないためにX線の出力を抑える必要がありますが、産業用に使用する場合は、X線の出力を上げても問題ないため、医療用に比べてより高精度な情報を入手することができます。

CTスキャナの原理

CTスキャンは、X線の照射装置、検出器で構成されています。X線を物体の様々な角度から照射し、物体を透過したX線の量を検出器で計測することによって、内部の構造を測定します。X線は波長が1ピコメートルから10ナノメートルの電磁波です。物質ごとにX線の吸収率、X線吸収係数が決まっており、それらの値を使用することでコンピューター処理し、内部の構造を出力しています。

CTスキャンには、コンプトン散乱と光電効果の2つの物理現象が使用されています。コンプトン散乱は、X線が電子に衝突し、X線の一部のエネルギーが電子に付与され、電子が原子の軌道から飛ばされ、X線のエネルギーが減少することで、X線のエネルギーが高い場合に発生します。光電効果は、X線が電子に衝突し、X線のすべてのエネルギーが電子に吸収され、電子が原子の軌道から飛ばされ、X線が消滅することで、X線のエネルギーが低い場合に発生します。

CTスキャンとがん

この記事では、CTスキャンとがんの関係について説明します。CTスキャンというとがんを見つけるために使用するイメージがありますが、検査から診断、更には診療まで広く使用されます。一方で、CTスキャンを行うことでがんが発生するリスクもあり、CTスキャンを実施する際はリスクについて十分に理解する必要があります。

CTスキャンはがんの診断から治療まで幅広く役立ちます。例えば、がんの再発の監視、がんに対する治療法の判断、生体組織検査の方針や治療計画の作成、がんの大きさや病期に関する情報の取得、腫瘍の診断、異常ながん増殖の検出などに役立てることができます。

このようにCTスキャナは医療において重要な機器ですが、他の電離放射線の発生源と同様にがんを引き起こす恐れがあります。CTスキャナではX線が使用されます。X線を浴びることで、がんのリスクが高まることが知られています。一方で、一回のCT検査によるがん発症のリスクは低いとされています。CT検査を受診することでもたらされるリスクよりCT検査を受診しないリスクの方がはるかに低いと考えてよいでしょう。このような背景から、CTのリスクとベネフィットについて患者は担当医と話し合う必要があるでしょう。

CTとMRIの違い

ここでは、主に医療機関で用いられるCT(コンピュータ断層撮影)とMRI(核磁気共鳴画像法)の違いについてご紹介します。どちらも大きな機器の中に寝て測定する検査方法のため、一般の方で違いを説明できる人は多くはないでしょう。得られる画像も一見するとよく似ています。CTとMRIはそもそも測定原理が全く異なるため、両者の特徴は測定原理の違いから生じています。

CTスキャナの撮影原理はX線の吸収で、撮影方法は造影と単純撮影が基本です。一方で、MRIは磁気共鳴を用いており、撮影方法もバリエーションに富みます。

CTスキャンは骨および空気の影響を受けますが、MRIにはそのような影響はありません。出力される画像についてですが、CTではX線と同様に空気は黒く骨は白く表示されます。一方で、MRIは骨も空気も無信号となり区別されません。この性質によって得られる画像の特徴が変わってきます。

CTスキャンの長所は、短い撮影時間と、断層像の取得が容易であることです。また、頭部救急病変(出血疑いなど)への適応が高く、骨を撮影できることも長所です。短所としては放射線被曝が挙げられます。また、病変と正常組織の濃度の差ではMRIに劣ることも知られています。

MRIの長所は、放射線被曝が無くCTと比較して組織間での違いをはっきりと認識できることです。また、任意の断層像を得ることができ、造影剤なしで血管の画像を取得できることも長所として挙げられます。短所として、体内に機器を埋め込んでいる方は検査できません。長い撮影時間や、撮影場所が狭いことも人によっては短所と感じられます。検査中、装置から大きな音が聞こえることも短所として挙げられます。

参考文献
http://www.image.med.osaka-u.ac.jp/member/yoshi/mei_lecture/image_medicine/handout2007/naitoCT2007-1.pdf
https://www.jmc-ct.jp/study/
https://white-rabbit.jp/ct-scan/
https://www.cancerit.jp/24019.html
https://www.kuki-med.jp/ctmri/

CTスキャナのメーカー情報

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

CTスキャナのメーカー3社一覧


CTスキャナのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 東芝ITコントロールシステム株式会社
  2. 2 株式会社三啓

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社システムクリエイト
  2. 2 東芝ITコントロールシステム株式会社
  3. 3 株式会社三啓

歴史のある会社

  1. 1 株式会社三啓
  2. 2 東芝ITコントロールシステム株式会社
  3. 3 株式会社システムクリエイト

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree