メガニクス株式会社
マルツエレック株式会社

【2021年版】BNCレセプタクル メーカー3社一覧

BNCレセプタクルのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


BNCレセプタクルとは

同軸ケーブルの両端に取り付けるBNCプラグコネクタと接続して使用するのがBNCレセプタクルです。

同軸ケーブルとはメガヘルツ帯の信号を伝送する信号伝送用ケーブルです。ケーブルの中心にある信号線の外側を2重に絶縁して、更にその外側をビニール製などの被覆で保護した形状のものです。

一般的にBNCレセプタクルは機器のパネル面(露出面)もしくは機器内の基板に実装して使われます。

BNCレセプタクルを介して機器の内部回路と同軸ケーブルの信号を直結する役割を果たしています。

BNCレセプタクルの使用用途

BNCプラグコネクタとレセプタクルの組み合わせによる接続は、とてもよく使用される接続方法でバイオネットロック方式と呼ばれ、コネクタとレセプタクルを接続した後もケーブルを長手方向に回転させることができるため、例えば機器同士を接続した後も同軸ケーブルの引き回しなどの調整が容易です。

ネジを使わず、内部のばねを押し込んで回しながらBNCプラグコネクタとレセプタクルを勘合させるだけで比較的容易に接続可能でありながら、接続の強度が高く簡単に取り外し可能です。

BNCレセプタクルの原理

BNCレセプタクルはBNCプラグコネクタとの組み合わせで各種計測機器や通信機器、映像機器などで良く使われています。

コネクタの特性から使用される信号の周波数は300MHz程度までが良いとされ、これを超える信号の伝送には不向きでであるとされています。

BNCレセプタクルを含めBNCプラグコネクタはJIS(Japanese Industrial Standards:日本工業規格)およびMIL(Military Standard: アメリカ国防総省による技術規格)で電気的特性や形状が規定されています。

BNCプラグコネクタは同軸ケーブルで信号を伝送する場合によく利用されるものですが、他にも同様の目的のコネクタがあります。

DINコネクタは、湿度の高いところでも伝送品質を維持できるため放送機器用などに使われます。また、F型コネクタはテレビのアンテナケーブル用の同軸ケーブルにも使われており、N型コネクタは防水機能を有することから無線発振器などに使われています。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/222000518707/?HissuCode=BNC-R
https://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=ideas-and-advice/coaxial-connectors-guide
https://engineer-climb.com/%E5%90%8C%E8%BB%B8%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%A8%E9%81%95%E3%81%84/

BNCレセプタクルのメーカー情報

BNCレセプタクルのメーカー3社一覧


BNCレセプタクルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 メガニクス株式会社
  2. 2 マルツエレック株式会社
  3. 3 フルタカ電気株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 フルタカ電気株式会社
  2. 2 マルツエレック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 マルツエレック株式会社
  2. 2 フルタカ電気株式会社

関連記事

カテゴリから探す