第一電子工業株式会社
株式会社七星科学研究所
株式会社ビー・アンド・プラス
株式会社アイティティキャノン
日本航空電子工業株式会社
ハヤシレピック株式会社
ハーティング株式会社
タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
エヌエスディ株式会社
アンフェノールジャパン株式会社
Lapp Japan株式会社
GT Contact Co., Ltd.

【2021年版】大電流コネクタ5選 / メーカー36社一覧

大電流コネクタのメーカー36社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


大電流コネクタとは

大電流コネクタとは、電気回路同士を容易に、繋げたり、切り離したりするための部品であるコネクタのうち、電源や動力など大きな電力、高電流を対象としたものです。

主に機器内の電気接続に使用されます。

2φ~100φまで最大6000Aまでの通電容量を製品が標準的に用いられています。

なお、電気を通す導体同士を接続するには、ボルトとナットによりねじ止めする方法もありますが、それに比べてコネクタを用いると作業性を大きく改善することができます。

大電流コネクタの使用用途

大電流コネクタが導入されるまでは、通電時に発熱するため、更に単路電流に対する安全対策のため、設置個所の面積を大きく広げなくてはなりませんでした。

大電流コネクタの、多面接触接点により接触抵抗を抑え、温度上昇を抑えることが可能になり、省スペースで大電流を通すことが可能になりました。

具体的使用例としては、数千Aもの大きな電流にも耐えられるため、変電所などでも用いられています。

他にも電気自動車や、燃料電池自動車、大型輸送車両、一般乗用自動車などにも用いられています。

大電流コネクタの原理

金属の導体同士が接触しているだけでも、電気は流れます。しかし、接触部分で電気抵抗が大きくなり、発熱によるエネルギーロスが発生したり、発熱そのものが問題になったりします。更に、信号伝達の信頼性が低くなってしまいます。

これを解消するためには、導体同士の間に、一定の接触圧力が必要になってきます。接触圧力を発生させるためには、様々な方法があり、接触面積と接触圧力を増やしつつ、接触抵抗を抑える工夫がメーカーごとになされています。

大電流コネクタにおいては、従来の点接触に比較して、多面接触方式を用いています。

ベリリウム銅のスプリング特性を利用することで、常に多面での接触を維持し、接触圧力を長期間安定化し、接触抵抗を最小化することで、従来よりも大きな電流を、安全にロスを抑えて流すことが可能になりました。

参考文献
https://www.globetech.co.jp/connector/basic/
https://www.globetech.co.jp/products/high-current/
https://www.solton.co.jp/products/connector001.html
https://www.ipros.jp/product/detail/2000542872
https://www.amphenol.co.jp/military/techinfo/RADSOK_Technology.html

大電流コネクタのメーカー情報

大電流コネクタのメーカー36社一覧


大電流コネクタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本航空電子工業株式会社
  2. 2 エヌビーエス株式会社
  3. 3 日本モレックス合同会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社シー・シー・ピー・ジャパン
  2. 2 Lapp Japan株式会社
  3. 3 古河電工パワーシステムズ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ABBジャパングループABB株式会社
  2. 2 Wieland Electric GmbH
  3. 3 Schaltbau GmbH

大電流コネクタ5選

大電流ポゴピン / コネクタ

株式会社シー・シー・ピー・ジャパン 大電流ポゴピン / コネクタ 画像出典: 株式会社シー・シー・ピー・ジャパン公式サイト

特徴

キャップを搭載することにより、ポゴピン菅の壁を厚くすることで抵抗を減らして、温度が上昇せず常に低温状態に維持することができます。

また、キャップの追加によって、電流の流れを安定させることができます。

大電流のポゴピンコネクターは、接触エリアを増やすために特殊な内部構造をしています。

安定性と高い電流が重要な機械類や大きな負荷がかかる機械類、自動車の車載、医療アプリケーションなどにとても最適です。

株式会社シー・シー・ピー・ジャパンの会社概要

  • 会社所在地: 東京都千代田区神田須田町1-12-6 マルコビル一階
  • URL: https://www.pccp.co.jp/
  • 創業: 2019年
  • 従業員数: 1,000人

製品を見る

DW07 シリーズ (大電流ブスバー接続用コネクタ)

日本航空電子工業株式会社 DW07 シリーズ (大電流ブスバー接続用コネクタ) 画像出典: 日本航空電子工業株式会社公式サイト

特徴

大電流を取り扱う機器のパワーラインの配線として使用されるブスパー導体を接続するコネクタです。

ブスバーに取り付けられたDW07が可動することによって、リジットなブスバー同士の位置のずれを許容した接続が可能となります。

ブスパーの固定穴を利用することによって、ねじを使わず片手で容易に取り付けることが可能となります。

機器内配線を高密度化することができ、機器設置場所の自由度を高めることができます。

日本航空電子工業株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都渋谷区道玄坂1-21-1
  • URL: https://www.jae.com/
  • 創業: 1953年
  • 従業員数: 7,995人

製品を見る

Brad Mini-Changeコネクター

日本モレックス合同会社 Brad Mini-Changeコネクター 画像出典: 日本モレックス合同会社公式サイト

特徴

Brad Mini-Changeコネクターは、全てのミニチュアコネクターを測定する標準器であり、工業用途における協力なシールドコネクターとして市場を先駆けしています。

Brad Mini-Changeコネクターは、2~12・14および19の極構成等、広範囲な回路・構成で使用することができます。

多くの挿抜サイクルを通して、低い抵抗を維持する高性能・長寿命の金を施したニッケルメッキコンタクトです。

コネクターの用途は、商業用排水ポンプのフロートスイッチや街路灯アクセサリーのパワー用コネクター、近接センサーと光電子センサーなどがあります。

日本モレックス合同会社の会社概要

製品を見る

MIL5015 MSシリーズ(MIL-DTL-5015準拠)

アンフェノールジャパン株式会社 MIL5015 MSシリーズ(MIL-DTL-5015準拠) 画像出典: アンフェノールジャパン株式会社公式サイト

特徴

電源用と信号用2つのハイブリッドの使用など、豊富なコンタクトとインサート配列です。

MIL5015 MSシリーズの使用温度は-55℃~+125℃と耐環境設計になっており、また低コストながら優れた電気の特性を持っています。

クラス A (標準型)・C (気密型)・E/F/R (耐環境型)の3つの種類があります。

MIL5015 MSシリーズの用途は、半導体製造装置や軍用車両・設備、試験・計測装置などの用途があります。

アンフェノールジャパン株式会社の会社概要

製品を見る

EPIC® H-A 3

Lapp Japan株式会社 EPIC® H-A 3 画像出典: Lapp Japan株式会社公式サイト

特徴

小型で強力なインサートは電源コネクタに最適であり、機械装置の製造や制御システムなどで使用することができます。

単相か三相電流用の小型電源用のコネクタであり、導体のストレートエントリによって組み立てることが簡単です。

機械および装置製造業者や制御エンジニアリング、機器の製造などでは適用範囲です。

最小限の小さいスペースしかない場合では、小型のH-A 3 / H-A 4が使用することができます。

Lapp Japan株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す