産業用製品比較のメトリー
メトリー
イリソ電子工業株式会社
日本航空電子工業株式会社
京セラ株式会社
ケル株式会社

【2020年版】フローティングコネクタ1選 / メーカー4社一覧

フローティングコネクタのメーカー4社・9製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フローティングコネクタとは

フローティングコネクタとは、電子基板同士を接続する際に用いるコネクタ部品のうち、基板間にて相対的に生じるわずかな接続誤差を調整する機構を備えたコネクタの総称となります。

フローティングコネクタの使用用途

フローティングコネクタを用いることで、基板同士の取り付け位置誤差を許容できるようになるため、ロボットで基板を接続するような場面ではほぼ必ずといっていいほどフローティングコネクタが使用されます。

また、基板接続の自由度が上がるだけなく、接続後の基板間の応力を逃がすこともできるため、デバイス上のストレス低減が必要な場面でも役立ちます。

例えば、複数の基板同士を接続する場面や、双方の基板がベースとなる基板にリジッドに設置されていて2次元的な自由度がない場面でも多く活用されます。

フローティングコネクタの原理

コネクタにはベースとなる基板の上に、インシュレータと呼ばれるお互いに接合することで電子情報を伝達することができる部分が存在します。

2つの基板をこのインシュレータを介して接合することがコネクタの役割です。

さて、このコネクタのサイズは技術の進歩とともに年々小型化しており、現在では隣り合う基板間が0.5mmピッチほどの高密度で複数のインシュレータが並んでいます。これらを接合する際には、それぞれのインシュレータ間での位置ずれを公差以下に設計することが求められますが、それには非常に高い技術が必要となります。

そこで、フローティングコネクタではインシュレータの立体的な取り付け公差の自由度を表現するために、バネを利用してインシュレータを宙に浮いたような構造にしています。

これにより、基板間の接続時にひずみが存在する場合でも、バネ部が可動することでその位置ずれによる誤差を吸収することができます。

また、接合時にずれの無い基板でも、その後のメインボードなどへの取り付け時のネジ止めの際には、ネジ穴公差の分だけ位置ずれが発生します。

フローティングコネクタは構造上この間接的な位置ずれによる応力ひずみも吸収することができます。

フローティングコネクタのメーカー情報

フローティングコネクタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 京セラ株式会社
  2. 2 日本航空電子工業株式会社
  3. 3 イリソ電子工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 イリソ電子工業株式会社
  2. 2 ケル株式会社
  3. 3 京セラ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本航空電子工業株式会社
  2. 2 京セラ株式会社
  3. 3 ケル株式会社

フローティングコネクタのメーカー4社一覧


フローティングコネクタ1選

フローティングコネクタ

イリソ電子工業株式会社 フローティングコネクタ 画像出典: イリソ電子工業株式会社公式サイト

特徴

イリソ電子工業の基板対基板コネクタは、設置時の位置ズレや衝撃に強いフローティングコネクタで、プリント基板などの高密度回路用に最適となっています。

接続されるコネクタはXYZ3軸方向の自由度に従って任意に可動するように設計されているため、はめ合い時のズレを柔軟に吸収できます。

取り付け時の接合ピッチは0.4mmから2.0mmまで、また高さ方向も最大30mmまで幅広いバリエーションを取り揃えています。

イリソ電子工業株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目13番地8
  • URL: https://www.iriso.co.jp/
  • 創業: 1966年
  • 従業員数: 467人

製品を見る

フローティングコネクタの9製品一覧

関連記事

カテゴリから探す