興和化成株式会社
株式会社日本ピスコ
株式会社七星科学研究所
ニッタ株式会社

【2021年版】チューブコネクタ メーカー9社一覧

チューブコネクタのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


チューブコネクタとは

チューブコネクタはチューブ同士を接続するためのコネクタです。

一般的に使用されているのはチューブに差し込んで締め付けて使用するテーパータイプですが、高圧エアなどの気体には扱いやすいプッシュワンタイプが使用されています。他にもリークを低下させたい場合はスウェージロックタイプのチューブコネクタもあります。

形状はストレート型、T字型、Y字型、L字型、異形型などがあり、システムに合わせて選択し組み合わせて使用されています。

チューブコネクタの使用用途

液体や気体を流す際にチューブを用いますが、このチューブ同士の接続や分岐、径の異なるチューブ同士の接続、さらにはチューブと装置の接続にチューブコネクターは使用されます。

腐食性の無い液体を流す場合は素材は何でもよいので安価なチューブコネクタが使用されますが、酸やアルカリなどを流す場合には腐食しないようにチューブの素材と共にコネクタの素材も注意深く選ばなければなりません。腐食してしまうと液体が漏れてしまい事故につながりますので、適切な素材の使用が求められます。素材にはポリプロピレン樹脂がよく用いられていますが、耐腐食性の高い液体に使用する場合は耐腐食性が高いフッ素樹脂性が選ばれます。

チューブコネクタの原理

チューブコネクタはチューブ同士を接続しますので、リークしないように各種の工夫がなされています。最もリークが少ないチューブコネクタはスウェージロックタイプで、フェルールを用いてしっかりと締め付けますのでリークはほぼゼロになります。逆にリークしやすいコネクタタイプは締め付け不要で便利なプッシュワンタイプですが、こちらは高圧エアや高圧窒素などに使用されていてエアガンなどに使用されており安価で使いやすいチューブコネクタとして使用されています。

チューブの素材はビニール、シリコン、PCVなどが使用されていますが、チューブコネクタの素材もなるべくチューブ素材に合わせて使用したいです。特に、接合箇所はリークと言った不具合が起こりやすいので使用の際は気を付けた方が良いでしょう。また、外径の異なるチューブ同士を接続する際には流量の低下や流量の変化などを考えて接続する必要がありますので、使用の際はこれらの点に注意を払って使用してください。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/vona2/result/?Keyword=%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF&isReSearch=1&relatedKeyword=1

チューブコネクタのメーカー情報

チューブコネクタのメーカー9社一覧


チューブコネクタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 株式会社日本ピスコ
  3. 3 株式会社七星科学研究所

設立年の新しい会社

  1. 1 ナスコフィッティング株式会社
  2. 2 株式会社日本ピスコ
  3. 3 株式会社ハギテック

歴史のある会社

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 大阪電具株式会社
  3. 3 株式会社七星科学研究所

関連記事

カテゴリから探す