産業用製品比較のメトリー
メトリー
沖電線株式会社
株式会社岡野エレクトロニクス
株式会社フジクラ
昭和電線ケーブルシステム株式会社
日鉄溶接工業株式会社
古河電気工業株式会社
住友電気工業株式会社
三菱電線工業株式会社
ブラックボックス・ネットワークサービス
Unibrain
Lapp Japan株式会社
Broadcom Inc.

【2020年版】光ケーブル メーカー32社・127製品一覧

光ケーブルのメーカー32社・127製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


光ケーブルとは

光ケーブルは、ガラスやプラスチック出できた内部が空洞のケーブルで、光ファイバーケーブルとも呼ばれます。

光を使った通信を行う際、光の通り道になります。

光ファイバーを使った光通信は、メタルケーブルを使った電気通信よりもノイズの影響を受けにくいという性質があるため、安定して高品質な通信ができるというメリットがあります。

通信に光を使うことのドローバックは、減衰してしまうことですが、光ケーブルの構造や、中継点での増幅などの工夫によりこの問題の解決が取り組まれています。

光ケーブルの使用用途

インターネットの固定回線で高速通信を行うために使用されています。

このような光通信を行う際、通信距離や速度によって異なる光ケーブルを使います。

固定回線で基地局から自宅までをつなぐ光ケーブルは、長距離で高速通信を要求されるため、内径の小さいケーブルを使い、シングルモードという単一波長で通信を行っています。

一方メディアコンバータなどを介した短距離のイーサネットでは内径の大きい光ケーブルを用いて、複数の波長を用いたマルチモードによる通信を行います。

こうした情報通信技術の他に、光源からの光を引き込んで照明として利用したりもします。

光ケーブルの原理

光は直進する性質がありますが、散乱等によって次第に減衰します。

そのため光ケーブルでは光の散乱が起こりにくい設計が採用されています。

光ケーブルを用いた光の伝達は、ファイバー内部で光が全反射を繰り返して行くことで行われます。

全反射とは、光が屈折率の大きい媒質から小さい媒質に入射する際、入射角が屈折角のほうが大きくなると、媒質を透過せず全て反射することです。

光ケーブルはクラッドとコアと呼ばれる二重構造をしており、光はコアを通ってきます。

コアの部分ははクラッドよりも屈折率が高く設計されているので入射した光は全反射を繰り返し、コアに閉じ込められた形で進行します。

ただし、ケーブルが途中で曲がっていたりする場合、入射角が大きくなってしまうため光の損失が起こります。

そのため距離が伸びるとこうした光の損失のリスクが大きくなります。

これを改善するために、光増幅器を用いて減衰した光を再び増幅するという工夫がなされています。

参考文献
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nnw/18/112000040/112000002/
https://www.blackbox.co.jp/ja-jp/page/28530/Information/Technical-Resources/Black-Box/fibre-optic-cable/vs

光ケーブルのメーカー情報

光ケーブルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 住友電気工業株式会社
  2. 2 株式会社フジクラ
  3. 3 古河電気工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 オプテックス株式会社
  2. 2 Lapp Japan株式会社
  3. 3 株式会社岡野エレクトロニクス

歴史のある会社

  1. 1 津田電線株式会社
  2. 2 古河電気工業株式会社
  3. 3 株式会社フジクラ

光ケーブルのメーカー32社一覧


光ケーブルの127製品一覧

関連記事

カテゴリから探す