【2021年版】シリコンウェハ メーカー6社一覧

シリコンウェハのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シリコンウェハとは

シリコンウェハ

 

シリコンウェハは、半導体の製造において、最も重要な材料です。
我々の暮らしを豊かにする電子機器は、半導体から構成されています。
ほとんどの方は、日常生活において実物のシリコンウェハを目にする機会はないでしょう。

シリコンウェハは、表面の小さな凹凸を可能な限り除去されており、鏡のように表面を磨かれています。
よって、微粒子やその他不純物がありません。

シリコンウェハの需要は、今後ますます増加し続けるでしょう。
なぜなら、IoTやビッグデータの時代が到来しており、大量のデータの処理や記憶が必要になるからです。

シリコンウェハ使用用途

我々の暮らしに関連するほぼすべての電子機器は、シリコンウェハから作られています。

例えば、情報を扱う機器であれば、スマートフォン、パソコン、タブレットやウェアラブル・コンピューター。
家電製品であれば、テレビやエアコン。
自動車、電車といった移動手段もシリコンウェハから出来ています。

近年では、IoT(Internet of Things)の時代が到来しており、スマートフォンから自動車、産業機械に至るまであらゆるものがインターネットとつながっています。

シリコンウェハの原理

シリコンウェハは、ケイ素と言われるシリコンからできています。
地球上では、酸素が最も多い元素で、シリコンは2番目に多い元素になります。
シリコンは、土壌、岩石や植物などに含まれており、地球上に無数に存在する元素と言っても過言ではないでしょう。

半導体で使われるシリコンは、純度の高いシリコンが求められます。
この純度が高いシリコンウェハが出来るまでには、大きく分けて2つの工程があります。
それはCZ法(Czochralski法)、FZ法(Floating Zone法)です。ここでは、比較的メジャーなCZ法のプロセスを以下に示します。

  1. 単結晶引上工程
  2. ウェハ加工工程
  3. 特殊加工工程

研削や研磨などの加工が施され、表面に凸凹のないよう加工されます。
このような製造工程を経て、純度イレブンナイン99.999999999%という高純度のシリコンウェハが誕生します。
このシリコンウェハが我々の暮らしに関わる電子機器となるのです。

参考文献
https://www.sumcosi.com/ir/glance/wafer.html
https://www.ave.nikon.co.jp/semi/technology/story02.htm

シリコンウェハのメーカー情報

シリコンウェハのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 グローバルウェーハズ・ジャパン株式会社
  2. 2 長野電子工業株式会社
  3. 3 株式会社トリニティー

設立年の新しい会社

  1. 1 キャノシス株式会社
  2. 2 株式会社トリニティー
  3. 3 グローバルウェーハズ・ジャパン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 長野電子工業株式会社
  2. 2 メルセン・エフエムエー株式会社
  3. 3 株式会社ワカテック

シリコンウェハのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す