株式会社日立産機システム
富士電機株式会社
三菱電機株式会社

【2021年版】三相モーター メーカー10社一覧

三相モーターのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


三相モーターとは

機械や設備の動力としてモーターは無くてはならない存在です。特に三相モーターは三相誘導電動機(インダクションモーター)とも呼ばれ、産業分野でなくてはならない存在となっています。電気を用いて手軽に、効率的に高い出力が得られることから様々なシーンで用いられています。

三相モーターは電磁気の誘導作用を利用して回転しています。構造としてはステーター、ローター、出力シャフト、フランジブラケット、ボールベアリング、などから構成されています。 

三相モーターの使用用途

使用する交流電源には単相と三相で分類されます。単相は主に一般家庭で用いられる交流電源となります。一方三相は主に産業分野で用いられる交流電源となります。使用用途は幅広く、コンプレッサー・ポンプなどほとんどの産業機械には用いられています。

三相モーターの中でも、ステッピングモーターサーボモーターなどと呼ばれる正確に回転を制御するためのモーターも存在します。これらは産業用ロボットなど自動機械を使用する際に頻繁に用いられます。

三相モーターの原理

モーターの原理にはフレミングの左手の法則が用いられます。磁界に存在するコイルに対して電流を流すことでトルクを発生させます。その力がモーターの回転軸を回転させるのに用いられます。コイルの数を増やすことで現在使用している三相モーターの構造となります。

実際のモーターでは磁界(磁石)を回す役割を三相交流電源によって行っています。工場では互いに120度ずつ位相がずれたAC200Vの三相交流電源を用いるのが一般的です。

ローターが回転する時の回転磁界の速度を同期回転速度と呼びます。同期回転速度は電源の周波数とステーターの極数から算出できます。ただし実際の回転速度は少し遅くなります。これは磁束が導体を横切ることで初めて誘導電流が発生するからです。同期回転速度と実際の回転速度との差を「すべり」と呼びます。すべりは負荷トルクが大きくなるほど大きくなります。またモーターの出力(W数)は定格回転速度と定格トルクから算出することができます。

参考文献
https://www.orientalmotor.co.jp/om/knowledge/uroko_ac/ac02.html
https://www.nidec.com/jp/technology/motor/basic/00026/
https://jp.aspina-group.com/ja/learning-zone/columns/what-is/005/

三相モーターのメーカー情報

三相モーターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日立産機システム
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 富士電機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 東芝三菱電機産業システム株式会社
  2. 2 株式会社日立産機システム
  3. 3 東芝産業機器システム株式会社

歴史のある会社

  1. 1 三菱電機株式会社
  2. 2 富士電機株式会社
  3. 3 近藤商事株式会社

三相モーターのメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す