株式会社日立ハイテク
株式会社日本レーザー
本多電子株式会社
ヤマト科学株式会社

【2022年版】超音波顕微鏡1選 / メーカー5社一覧

超音波顕微鏡についての概要、用途、原理などをご説明します。また、超音波顕微鏡のメーカー5社一覧企業ランキングも掲載しておりますので是非ご覧ください。超音波顕微鏡関連企業の2022年7月注目ランキングは1位:ヤマト科学株式会社、2位:日本バーンズ株式会社、3位:株式会社日立ハイテクとなっています。

目次

超音波顕微鏡のメーカー5社一覧

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

企業の並び替え

  • 標準
  • 従業員数順
  • 資本金の大きい順
  • 設立年古い順
  • 設立年新しい順

超音波顕微鏡のメーカーランキング

*一部商社などの取扱い企業なども含みます

注目ランキング導出方法について

注目ランキングは、2022年7月の超音波顕微鏡ページ内でのクリックシェアを基に算出しています。クリックシェアは、対象期間内の全企業の総クリック数を各企業のクリック数で割った値を指します。

社員数の規模

  1. 日立ハイテク: 11,903人
  2. ヤマト科学: 759人
  3. 本多電子: 210人

設立年の新しい会社

  1. 日本バーンズ: 1969年
  2. 日本レーザー: 1968年
  3. 本多電子: 1956年

歴史のある会社

  1. ヤマト科学: 1889年
  2. 日立ハイテク: 1947年
  3. 本多電子: 1956年

超音波顕微鏡1選

株式会社日本レーザー
超音波顕微鏡/超音波映像装置 “V シリーズ”

特徴

超音波顕微鏡は、超音波エコーを原理とした非破壊検査ツールで、X線では検出されにくい剥離やクラック等の検査などに威力を発揮します。

ドイツKSI社は超音波顕微鏡の開発において30年以上の経験を持ち、世界初のGHzプローブモデルや産業向けマルチプローブ開発などに取り組んできた技術開発力に長けたメーカーです。

KSI社の産業向けモデル「Vシリーズ」は、GHz帯に及ぶ高周波技術で培った信号処理技術を生かし、卓越した検出感度・イメージング性能を実現しています。

また、高速な検査を実現するマルチプローブ技術、グラナイトベースのロバストなスキャナ、直感的な操作が可能な3D構築ソフトウェアなど、産業用途に最適なEase of use志向の製品です。

株式会社日本レーザーの会社概要

  • 会社所在地: 東京都新宿区西早稲田2-14-1
  • 会社サイト
  • 創業: 1968年
  • 従業員数: 52人

製品を見る

超音波顕微鏡の12製品一覧

関連記事

カテゴリから探す



Copyright © 2022 Metoree