東洋技研株式会社
富士電機株式会社
三菱電機株式会社
マルツエレック株式会社
パナソニック株式会社
オムロン株式会社

【2021年版】ターミナルリレー メーカー7社・12製品一覧

ターミナルリレーのメーカー7社・12製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ターミナルリレーとは

ターミナルリレーとは、PLC(プログラマブルコントローラ)のI/Oや電磁弁などの入出力負荷を中継するインターフェース機器として使用されています。

この入出力インターフェース機器の役割を担うターミナルリレーの主な構造は、プリント基板を内蔵した台座に端子台が設けられ、この台座に独立した1極タイプの小型リレーを用途に応じて複数取り付けることができるため、メンテナンス性に優れながらもコンパクトなリレー構造として、装置の小型化や省配線化に貢献しています。

ターミナルリレーの使用用途

【用途例1】入出力負荷を中継するコンパクトなインターフェース機器の用途

ターミナルリレーは、1極タイプの小型リレーを複数個並列で使用きるため、主にPLC(プログラマブルコントローラ)のI/Oや電磁弁などの入出力負荷を中継するコンパクトなインターフェース機器の用途で利用され、電気を使用する家電製品から生産設備に至るまで、非常に重要な電子部品として利用されています。

【用途例2】煩雑化する制御配線などのコンパクト化の用途

また、ターミナルリレーは、機器や生産設備など、高度化に伴い煩雑化する制御配線などの省配線化を含めたコンパクト化の用途でも利用されています。

ターミナルリレーの原理

ターミナルリレーは、プリント基板を内蔵した端子台と1極タイプの小型リレーを複数個並列で使用できる構造が一般的です。
この1極タイプの小型リレーは、制御の目的に応じて並列させることも可能であるため、1極、4極、8極、16極タイプのプリント基板を内蔵した端子台付き台座から選択できます。

ターミナルリレーは無接点リレーと有接点リレーに大別される

ターミナルリレーに使用されるリレーは、主に機械的な開閉で信号を伝える「有接点リレー」と、機械的な接点を持たずに半導体またはSSR(ソリッドステートリレー)などの電気回路で信号を伝える「無接点リレー」に大別されます。

これら「有接点リレー」と「無接点リレー」には、接点がノーマルオープン回路の「a接点」や、接点がノーマルクローズ回路の「b接点」があり、リレー制御の目的に応じて使用します。

2素子の「サイリスタ」と1素子の「トライアック」の選定に注意

無接点リレーで半導体スイッチング素子にSSRを使用する場合、素子の種類が2素子の「サイリスタ」と1素子の「トライアック」があり、誘導負荷が3.7kw以下の場合にはサイリスタ、3.7kw以上の場合にはトライアックを用いることで、追従性が高くなるため、選定時に注意が必要です。

 

参考文献
https://www.fa.omron.co.jp/data_pdf/commentary/generalrelay_tg_j_10_4.pdf

ターミナルリレーのメーカー情報

ターミナルリレーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 オムロン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エスコ
  2. 2 東洋技研株式会社
  3. 3 マルツエレック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 富士電機株式会社

ターミナルリレーのメーカー7社一覧


ターミナルリレーの12製品一覧

関連記事

カテゴリから探す