朝日技研工業株式会社
富士電機株式会社
共立電子産業株式会社
マルツエレック株式会社
タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
オムロン株式会社

【2021年版】マイクロリレー メーカー12社一覧

マイクロリレーのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


マイクロリレーとは

電気回路や電子回路で使用されるリレーとは制御信号を使い、回路上の2点間をオンさせたり遮断オフしたりするための電気部品のことです。

リレーには物理的な接点を用意してこれをオンオフ制御するタイプの機械式リレーと半導体素子を使った半導体リレーに大別されます。

マイクロリレーは機械式リレーの1種です。プリント基板に実装することが可能な小型のリレーのことを言います。

筐体のサイズが通常のリレーに比較して非常にコンパクトなサイズのため基板面積を取らないということ、自動実装が可能であるとが大きな利点です。

マイクロリレーの使用用途

マイクロリレーは言わば1種のスイッチとも言うことができます。同じような働きをするものにFETやトランジスタがあります。

ベースとエミッタ間に所定の電位差を与えることによりコレクタとエミッタ間を導通したり遮断したりすることによるスイッチとして動作させることができるのがトランジスタです。FETの場合も同様です。

マイクロリレーの場合は1次側のコイルへのオンオフ信号により、2次側の端子間をオンしたりオフするという意味では、同様の機能を有しますが、加えて、1次側と2次側が完全に電気的に分離されているということが大きな違いです。

このために1次側の制御入力の影響を2次側に全く与えずに済むという点があります。
トランジスタやFETに対してコストが上がりますが以上の用途として使われます。

マイクロリレーの原理

前述の通りマイクロリレーは機械式リレーの1種です。

1次側の制御入力部分にはコイルが設置されています。このコイルに電流を流すことにより、電磁誘導が発生し2次側のスイッチが閉じて導通したり、スイッチが開いて遮断するという単純な原理が利用されています。

この様な構造から1次側と2次側は電気的には完全に分離しています。

一般的にリレーは、各種機器のシステムを制御するコントローラが周辺のデバイスを制御する場合に、デバイス駆動用として使われます。

一般的にシステムコントローラは3.3Vもしくは5Vで動作しますが他方で、マイクロリレーは5Vで制御されるものもありますが、12V、24Vなどで制御されるものがそれ以上に様々な種類のものがあります。

逆起電力による突入電流についての対応についてマイクロリレー利用時は、念頭に置く必要があります。

リレーがオン、オフする瞬間には逆起電力による大きな電流が流れるため、周辺デバイスの誤動作などに至る可能性があります。リレーに保護ダイオードを組み込婿とによりリレーを逆起電力から保護するタイプもありますが、製品によっては、内蔵されていないものもあります。この場合は、基板側で保護回路が必要となります。

従って、用途に応じて、部品の仕様書をよく確認してから選択する必要があります。 

参考文献
http://startelc.com/elc/elc_3_6Lr.html
https://www.fa.omron.co.jp/products/family/2839/

マイクロリレーのメーカー情報

マイクロリレーのメーカー12社一覧


マイクロリレーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 富士電機株式会社
  3. 3 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社

設立年の新しい会社

  1. 1 Zhejiang Meishuo Electric Technology Co., Ltd.
  2. 2 株式会社ジェイビーシー
  3. 3 朝日技研工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ニシヤマ
  2. 2 富士電機株式会社
  3. 3 オムロン株式会社

関連記事

カテゴリから探す