日本制禦機器株式会社
三菱電機株式会社
ライン精機株式会社
フエニックス・コンタクト株式会社
ジック株式会社
オムロン株式会社
イートン・エレクトリック・ジャパン株式会社
Rockwell Automation, Inc.
Murrelektronik GmbH
Littelfuse, Inc.
Leuze electronic GmbH + Co. KG
IDEC株式会社

【2021年版】セーフティリレー9選 / メーカー19社一覧

セーフティリレーのメーカー19社・43製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


セーフティリレーとは

セーフティリレー

セーフティリレーとは機械や設備の安全回路を組むためのリレーです。セーフティリレーは強制ガイド接点構造をもつことで、制御システムの安全関連部において「安全を確認できた場合にだけ機械を運転する」という制御を行う役割があります。そのため、異常検出やそれに伴う設備の安全停止を可能とします。

仕組みとしては、発信された信号を「入力部」が受けます。その信号が安全かどうかを判断し、「出力部」に信号を送ります。モジュールでは、論理部として中心的な役割をもちます。

セーフティリレーの使用用途

セーフティリレーは主に安全機能の監視に使われています。具体例として、非常停止や安全扉、安全マットなどの安全制御が主な使用用途です。デバイスやセンサ、アクチュエータの異常を検出し、機械や設備に安全に停止するよう制御する設計がされています。

セーフティリレーを利用したモジュールを組み込むことで、機械や設備の安全性を確保することができます。オペレータが危険を感じたり、機械や設備に異常が発生したり、損害発生の可能性を検出することで危険性から守ります。

セーフティリレーの原理

セーフティリレーとは一般的なリレーと違い、強制ガイド接点構造をもつリレーのことです。a接点とb接点の2種類の接点をもち、それぞれは互いに絶縁状態の必要があるため壁によって仕切られています。2つの接点は機械的につながっており、コイルのON/OFFに応じてa接点とb接点が連動する仕組みです。

強制ガイド接点構造は、「a接点が溶着した場合に、コイルがOFF状態で全てのb接点が0.5mm以上の接点ギャップを確保している」「b接点が溶着した場合、コイルがON状態で全てのa接点が0.5mm以上の接点ギャップを確保している」とき、異常状態を検出する構造が特徴です。そのため、接点溶着時において、a接点とb接点が同じ動作状態になりません。

機械のON/OFFを制御するシステムの場合、構造はa接点を動力制御用回路に、b接点を監視用回路に接続した状態です。そうすることで、a接点が溶着しているとき、機械はコイルがON状態のときのみ稼働し、OFF状態にすれば機械が停止します。一方、b接点はコイルがOFF状態のとき溶着し、安全状態を検出するための監視用として働きます。

参考文献
https://jp.idec.com/RD/safety/guide/safety09
https://www.pilz.com/ja-JP/support/knowhow/lexicon/articles/072106
https://ac-faq.industrial.panasonic.com/jp/faq_detail.html?category=&page=1&id=10252
https://xtech.nikkei.com/dm/article/LECTURE/20130821/298472/?ST=msm&P=2

セーフティリレーのメーカー情報

セーフティリレーのメーカー19社一覧


セーフティリレーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 オムロン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ジック株式会社
  2. 2 フエニックス・コンタクト株式会社
  3. 3 ジック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 Rockwell Automation, Inc.
  2. 2 Wieland Electric GmbH
  3. 3 三菱電機株式会社

セーフティリレー9選

QS90SR2SP-Q

三菱電機株式会社 QS90SR2SP-Q 画像出典: 三菱電機株式会社公式サイト

特徴

本安全リレーユニットは、安全入力点数が1点(2入力)で入力形式はPタイプ(プラスコモン/プラスコモン入力)、安全出力点数が1点(3出力)になります。

増設の台数は増設用の安全リレーユニットを最大3台まで接続することができます。

最大開閉頻度は定格制御容量にて1200回/時となっております。

保護等級はIP1X、外部配線接続方式は2プーススプリグクランプ端子台、入出力占有点数は32点(I/O割付:入力32点)といった仕様になります。

三菱電機株式会社の会社概要

製品を見る

AWAX 26XXL

ライン精機株式会社 AWAX 26XXL 画像出典: ライン精機株式会社公式サイト

特徴

本製品は、安全カテゴリ4の環境下まで対応が可能で非接触セーフティスイッチのFURTIF・ANATOMシリーズを直列に多数接続することができます。

非常停止スイッチ、リミットスイッチ、非接触セーフティスイッチなど、各種安全スイッチに接続監視が可能な製品になります。

強制ガイド接点機構付きの安全出力を3回路装備しており、補助出力を1回路装備しております。

35mm幅のDINレール取付タイプで幅は22.5mmの省スペースタイプになっており、本体のランプにより動作状態が確認でき、様々な接続構成が備わっております。

ライン精機株式会社の会社概要

製品を見る

セーフティリレーモジュールPSR-MC31

フエニックス・コンタクト株式会社 セーフティリレーモジュールPSR-MC31 画像出典: フエニックス・コンタクト株式会社公式サイト

特徴

本製品は、最大PLe/SIL3の安全な半導体出力(2点)により、高い切り替え周波数に対して無接点の切り替えが可能となっています。

非常にコンパクトなデザインで最大50%の省スペース性、応答時間が短く(10ms未満)、安全距離を短縮することが可能な仕様となっています。

安全シャットオフマット、制御ストリップ、非常停止、安全ドア回路、ライトカーテン用のセーフティリレーモジュールを活用、また独立したカスケード入力(1点)を使用しており、多く信号発生器とセンサ互換性が高く、複数のモジュールを接続することが可能となっています。

また、安全規格ISO13849-1では最大のカテゴリ4/PLe、機能安全規格IEC62061ではSIL3に準拠しています。

フエニックス・コンタクト株式会社の会社概要

製品を見る

SFリレー

パナソニック株式会社 SFリレー 画像出典: パナソニック株式会社公式サイト

特徴

本製品は様々な制御回路で構成されており、3a1bの接点構成となっています。

接点間もしくは接点-コイル間でAC2,500Vの高耐圧、かつ4ギャップバランスアーマチュアの高い効率有極時期回路を採用しており、パワーリレーとしてはこれまでにないほどの薄型かつ定格消費電力500mWの高感度を実現した製品になります。

また、1組のa接点、b接点をカードで保持して互いに強制的に駆動する仕組みになっており、接点溶着時には、他方の接点ギャップ0.5mmを書くhして次の動作の停止や溶着検知をすることができます。

上記カードとセパレータで分離し、独立したチャンバーに収めて極間の短絡を防止したセパレートチャンバー方式を採用しております。

パナソニック株式会社の会社概要

製品を見る

セーフティリレー G7SAシリーズ

オムロン株式会社 セーフティリレー G7SAシリーズ 画像出典: オムロン株式会社公式サイト

特徴

プッシュインPlus端子台のソケットをシリーズに追加することで、従来のネジ締め端子よりも配線工数が(従来よりも配線時間約60%)短縮されています。

強制ガイド接点付きの一般リレーでEN/IEC61810-3VDEの認定されています。

G7SAシリーズは本体の保護構造が耐フラックス形の4極:6極の極数、接点構成は5構成あるプリント基板用端子形状になります。

PWBパターンの引き回しが容易な端子配置、入出力間は強化絶縁を使用、異なる極間の一部も強化絶縁を使用している製品になります。

オムロン株式会社の会社概要

製品を見る

ISS-100シリーズ

Littelfuse, Inc. ISS-100シリーズ 画像出典: Littelfuse, Inc.公式サイト

特徴

本安全リレースイッチは、危険エリアと非危険エリアのインターフェースとなる関連機器としてUL931認定製品(ClassⅠ、Ⅱ、Ⅲ、及びDIcision1の危険(分類)場所での使用を目的とされた本質的な安全な装置及び関連装置の規格)になります。

フィンガーセーフ端子を活用しており、IEC61000の安全要件を満たしている製品になります。

DINレールまたは表面実装用のコンパクトなデザインで、パネル設置の柔軟性もあります。

LEDステータスインジゲータを採用しており、リレー接続の視覚的に表示しています。

Littelfuse, Inc.の会社概要

製品を見る

ISS-102シリーズ

Littelfuse, Inc. ISS-102シリーズ 画像出典: Littelfuse, Inc.公式サイト

特徴

ISS-102は、ポンプアップ・ポンプダウンコントローラや2チャンネルスイッチなど、複数の用途に対応したセーフティリレーです。

2つのLEDランプの点灯によって、入力と出力の状態が表示され、フロート入力の可変抵抗閾値など、さまざまなユーザーオプションも選択することができます。

ラッチ回路を採用することで出力接点を閉じたままにすることができ、100kΩの感度で2秒のデバウンスタイムを持っています。

Littelfuse, Inc.の会社概要

製品を見る

HR5S形安全リレーモジュール

IDEC株式会社 HR5S形安全リレーモジュール 画像出典: IDEC株式会社公式サイト

特徴

HR5S-C2シリーズは、これまで安全カテゴリ3制御で二重化するしかなかったリスクの低い機械に対してもカテゴリ2の制御を簡単に実現できる、セーフティリレーです。

リスクに低い機械に対して、不必要な冗長化を構築する必要がないので、導入コストや工数の削減を実現することができます。

最小限の機能を持ったローコストなモデルから、多機能を持ったモデルまで様々なラインナップから、ユーザーにとって最適なものを選択することができます。

IDEC株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟14階
  • URL: https://jp.idec.com/
  • 創業: 1945年
  • 従業員数: 3,683人

製品を見る

ESM-2H201 安全リレーESM-2H..、両手操作機器用タイプIIIc判定ユニット

EUCHNER GmbH + Co. KG ESM-2H201 安全リレーESM-2H..、両手操作機器用タイプIIIc判定ユニット 画像出典: EUCHNER GmbH + Co. KG公式サイト

特徴

ESM-2H201はENISO13849-1に準拠し、安全カテゴリー4まで対応しているセーフティリレーです。

LEDステータスインジケーターを搭載しているので、機器の状態がひと目で分かります。

EN574による要件レベルIIICを満たしており、接点の同時監視によって無効化に対する高度な保護を実現しています。

接続ケーブル間の短絡をモニターし、必要に応じて遮断することが可能で、同様に接地・アース間の短絡、もモニタリングすることができます。

EUCHNER GmbH + Co. KGの会社概要

製品を見る

セーフティリレーの43製品一覧

セーフティリレーのオンライン購入


モノタロウでチェック


ミスミでチェック

関連記事

カテゴリから探す