株式会社マザーツール
株式会社テクシオ・テクノロジー
株式会社エヌエフ回路設計ブロック
日置電機株式会社
三和電機株式会社
アール・エス・ティ エンジニアリング株式会社

【2021年版】LCRメーター5選 / メーカー8社一覧

LCRメーターのメーカー8社・16製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


LCRメーターとは

LCRメーター

LCRメーターは、交流電流の流れにくさを表すインピーダンスを測定するための装置です。

電流の流れにくさを表す指標として他に電気抵抗がありますが、これは直流回路における概念です。電流と電圧の比で表されるという点では共通していますが、交流回路におけるインピーダンスではこれを複素空間に拡張して表現しています。基本的な概念は電気抵抗と同じなため、直流回路におけるオームの法則は、インピーダンスにおいても同様に成立します。

LCRメーターの使用用途

電子機器の開発・試験などにおいて電子部品の物理量を決定するために用いられます。

近年では、こうした産業分野にとどまらず、医療分野でもインピーダンスを測定する需要があることから、生体内の体脂肪率や水分量・筋肉量などの測定に用いられることがあります。生体を細胞からなる回路とみなして細胞内液と細胞外液における電流の流れにくさを計測することでこうした情報を取得することができます。このようなアプローチはCTやNMRのような大掛かりな装置を必要としないので低コストで導入しやすいというメリットがあります。

LCRメーターの原理

LCRメーターを用いたインピーダンスの測定は、対象物に交流電流を印加し、そこにかかる電流と電圧の振幅と位相差を測定することを基本原理としています。

LCRメータは発振器・ベクトル電圧計・電流電圧変換器の3つの回路からなる自動平衡ブリッジと呼ばれる構成をしています。これはオペアンプを用いた反転増幅回路と同じ構成です。インピーダンスの計算はADコンバータを用いたデジタル変換のもと行われます。

LCRメーターを構成する要素として最も重要なのはベクトル電圧計で、ロックインアンプの原理を応用して入力信号に同期した参照信号を発生させることで、微弱な振幅や位相差を検出することができます。

自動平衡ブリッジをもとにしたLCRメーターでは100 kHzを超えない低周波の測定に向いています。100 kHz以上の高周波領域では、特性インピーダンスと呼ばれる部品自体のインピーダンスの影響が大きくなることが原因です。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jceeek/2018/0/2018_371/_pdf
https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-LCRMeter-01/?page=2

LCRメーターのメーカー情報

LCRメーターのメーカー8社一覧


LCRメーターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日置電機株式会社
  2. 2 キーサイト・テクノロジー株式会社
  3. 3 株式会社エヌエフ回路設計ブロック

設立年の新しい会社

  1. 1 キーサイト・テクノロジー株式会社
  2. 2 株式会社テクシオ・テクノロジー
  3. 3 アール・エス・ティ エンジニアリング株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日置電機株式会社
  2. 2 株式会社エヌエフ回路設計ブロック
  3. 3 三和電機株式会社

LCRメーター5選

LCR-6000シリーズ

株式会社テクシオ・テクノロジー LCR-6000シリーズ 画像出典: 株式会社テクシオ・テクノロジー公式サイト

特徴

LCRメータLCR-6000シリーズは、測定周波数に応じて5つのモデルをそろえた測定器です。

測定項目や設定が見やすい2種類の表示モードを用意し、測定結果を素早く把握することができることや、AC測定と直接抵抗測定を行うことができるのが特徴です。

主な用途として、様々なコンポーネントの測定に対応し、汎用的に用いることが出来ます。

コンデンサなどの有極性アプリケーションなどに用いて、内部DCバイアス電圧を測定し、データ保存や可視化することができます。

株式会社テクシオ・テクノロジーの会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県横浜市港北区新横浜2-18-13藤和不動産新横浜ビル7F
  • URL: https://www.texio.co.jp/
  • 創業: 2012年
  • 従業員数: 44人

製品を見る

ZM2371/ZM2372

株式会社エヌエフ回路設計ブロック ZM2371/ZM2372 画像出典: 株式会社エヌエフ回路設計ブロック公式サイト

特徴

LCRメータZM2371/ZM2372シリーズは、最高速度2msで測定周波数分解能5桁を有する回路素子測定器です。

DC測定やコンパレータ機能もあり、DCバイアス用の電源も内蔵しています。

基本確度0.08%を有し、高精度でありながら高速にパラメタの絶対値を測定することが出来ます。

主な用途として、コイルやコンデンサ、抵抗などの電子部品など、生産における品質保証や電子デバイスにおける研究開発まで、多岐にわたる幅広い測定に使用されています。

株式会社エヌエフ回路設計ブロックの会社概要

製品を見る

IM3536

日置電機株式会社 IM3536 画像出典: 日置電機株式会社公式サイト

特徴

LCRメータIM3536シリーズは、4ヘルツから8ヘルツの周波数帯に対応した測定周波数を持った測定器です。

最速1msの高速測定に加え、基本確度0.05%を有した高精度な測定が可能で、コンパレータやBIN測定、トリガ機能、ロード機能、メモリ機能などの様々な機能が充実しています。

カラー表示に加えてタッチパネルにより、操作性に優れている点も特徴です。

低インピーダンス測定も行うことが出来、研究開発用途から生産現場におけるラインでの使用まで、様々な領域で使用することが出来ます。

日置電機株式会社の会社概要

製品を見る

E4980AL

キーサイト・テクノロジー株式会社 E4980AL 画像出典: キーサイト・テクノロジー株式会社公式サイト

特徴

プレシジョンLCRメータE4980ALシリーズは、業界標準のLCRメータとして、確度と速度と汎用性に優れています。

基本確度0.05%と高く、低・高インピーダンスのどちらのレンジにおいても高精度に測定を行うことが出来ることに加え、高い測定速度も有しています。

主な用途として、コンポーネントや材料において、研究開発や、生産における製造テストなどに使用されており、装備されているPCインターフェイスにより、デザイン性や測定の生産性を向上させることが出来ます。

キーサイト・テクノロジー株式会社の会社概要

製品を見る

3601

アール・エス・ティ エンジニアリング株式会社 3601 画像出典: アール・エス・ティ エンジニアリング株式会社公式サイト

特徴

LCRメータ3601シリーズは、様々なコンポーネントに対して用いることができ、幅広く活用できる測定器です。

電子ロック式押しボタン方式を操作スイッチに採用することで、耐久性や操作性に優れており、最適な範囲を自動的に選択することができるオートモード機能を搭載しています。

主な用途として、抵抗器やコンデンサやコイルの測定や、スイッチ・リレーなどの接触抵抗の測定に用いたり、半導体における接合容量や電池の内部抵抗などを測定することに用いることが出来ます。

アール・エス・ティ エンジニアリング株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 京都府京都市山科区勧修寺西金ヶ崎382番地
  • URL: http://www.rst-eng.co.jp/
  • 創業: 1990年
  • 従業員数: 10人

製品を見る

LCRメーターの16製品一覧

LCRメーターのオンライン購入


モノタロウでチェック


アズワンでチェック

関連記事

カテゴリから探す