シンワ測定株式会社

【2021年版】ピッチゲージ メーカー8社一覧

ピッチゲージのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ピッチゲージとは

ピッチゲージとは、ネジのギザギザ形状の間隔(ピッチ)を測定するための工具です。

鋼板の縁にミリ仕様やインチ仕様といった規定のネジ山が刻み込まれたもので、ネジに当てることでピッチを測定することができます。

ピッチゲージは基準となる複数のピッチが取り付けられています。使用したいピッチ板を回転させて取り出します。

ノギスのような工具と並び頻繁に使用されます。工場での使用はもちろんですが、DIYや日曜大工でも使用できる便利なツールです。

ピッチゲージの使用用途

ピッチゲージはネジ山のピッチを簡単に測定できるため、自動車整備や機械の製造工場から一般家庭においても利用されます。

こうした場面ではネジのピッチが分からず、実際にネジを挿入してネジ山を潰してしまうこともままあります。

しかし、工場等ではミリ仕様とインチ仕様のいずれも含めて所持し、どのようなネジでも対応できるよう準備している場面が見られます。

ネジ山を損傷させず、安全にネジ止めしたい場面においてとても有効な工具です。

ピッチゲージの原理

ネジはギザギザの形状をしていますが、この形状にはピッチと呼ばれる谷・山間の間隔が決められています。

正確には谷と谷の間(もしくは山と山の間)がピッチに対応しています。

ピッチはネジの呼び径(M3やM6など)とおよそ一定の割合で定められており、呼び径が大きいほどピッチは大きくなります。

例えば、M3ネジの場合にはピッチは0.5mm、M6ネジの場合には1mmと定められています。

このようなネジのピッチを正確に測定する上でピッチゲージは有効です。

ネジと同様にピッチが取り付けられているため、押し当てることで簡単にピッチを読み取ることができます。

ネジにはミリ、ウィット、ユニファイと呼ばれる規格があり、ウィットとユニファイはインチ仕様であるため区別する必要があります。

しかし、ピッチゲージにもミリ仕様とインチ仕様とがあるため、いずれかを区別することができます。

またノギスなどと同様に目視でピッチを読み取ることも可能ですが、より簡単に確認したい場合には、デジタル表示のピッチゲージもあります。

参考文献
https://www.abit-tools.com/sinwa_73794/
https://helideus.com/SHOP/HET80001.html
http://kentiku-kouzou.jp/koukouzou-nezipiti.html

ピッチゲージのメーカー情報

ピッチゲージのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オーエスジー株式会社
  2. 2 シンワ測定株式会社
  3. 3 宇野株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エスコ
  2. 2 株式会社ファム
  3. 3 株式会社日神

歴史のある会社

  1. 1 フジツール株式会社
  2. 2 オーエスジー株式会社
  3. 3 宇野株式会社

ピッチゲージのメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す