株式会社ムサシインテック
日置電機株式会社
日本電計株式会社
共立電気計器株式会社
三和電気計器株式会社

【2021年版】接地抵抗計 メーカー6社一覧

接地抵抗計のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


接地抵抗計とは

接地抵抗計とは、大地に接続(接地またはアース)された電気機器と大地との間の電気抵抗を測定する機器で、アースが取れているかを常に確認する
電気工事士や電気関係実務者の方々にとっては、必需品の計測器になります。
そもそも大地とは、名前の通り地球そのものを指しており、接地の大元が大地になります。この大地は抵抗がゼロで、最も電気が流れやすいので、
大地に電気を接続することで、人や他のものに電気が流れず、大地に電流が流れるため、安全用として使われています。このことを一般的に
アースを取ると読んでいます。

接地抵抗計の使用用途

接地抵抗計の使用用途は、主に大地に金属等の導電体を深く埋めるアースを設置する接地工事の際に必要になります。又、接地工事は、電気工事士の重要な業務の一つでもあり、
その厳しさはAやDと言った種類で各種区分されており、最も厳しい種接地工事は10Ω以下で、一般的な低圧用機器の接地工事で100Ω以下と規定されています。
これらの接地工事の際、接地抵抗を測定確認する計測器が、接地抵抗計になります。よって、電気工事士や接地が影響する関係の仕事に携わっている方々には重要な機器となります。

実務上では、電気工事士はもちろんのこと、電機機器を取り扱う技術者の方々も、この接地抵抗計を使って、電機機器と大地との抵抗を測定し、電気的な漏れ電流などの
各種試験を開始することになります。現場で働く電気工事士や電気関係の技術者にとって、電気の設備や試験も含めて、電気関係の業務を実施する時、その業務上の
安全性を接地抵抗計で確認することで、感電や漏電に対する危険防止と保護安全を担保できます。

接地抵抗計の原理

接地抵抗計の測定原理は、2種類の接地の間の電圧を測定する方法が最もポピュラーです。
ある測定対象の接地と他の比較対象用の接地間に交流の電圧を印加し、ここで大地に対して発生した
ある接地ともうひとつの接地間の電流と電圧から、計算(電圧を電流で割る)で接地の抵抗が出ます。
上記のような接地間の電圧と電流の測定結果から、接地の抵抗を計算するのが実務的です。

ただし、このままでは電圧変動の大きい対象接地部の抵抗も含まれるため、この変動要素を減らすべく、
電圧変動の少ない中間地点の接地を使って、対象接地と中間地点接地の間の電圧と電流を測定し、
最終的に対象接地の接地抵抗が求められます。

尚、細かい所では、中央部は変動がないとは言え中間地点接地部にも接地抵抗は存在しています。しかし、電圧計内部の抵抗が支配的なため、
その接地部の抵抗は無視できます。
また、接地抵抗測定計が交流電源を採用しているのは、直流のような化学反応を起こしにくいと言う側面があるためです。
その他、交流周波数は、周波数が高くなるとリード線のL成分や要領の影響を受けるため、一般的に1kHz以下が採用
されています。

参考文献

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A5%E5%9C%B0%E6%8A%B5%E6%8A%97%E8%A8%88

https://www.kew-ltd.co.jp/support/knowledge/technical/earth

接地抵抗計のメーカー情報

接地抵抗計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日置電機株式会社
  2. 2 日本電計株式会社
  3. 3 共立電気計器株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ムサシインテック
  2. 2 日本電計株式会社
  3. 3 国華電機株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日置電機株式会社
  2. 2 共立電気計器株式会社
  3. 3 三和電気計器株式会社

接地抵抗計のメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す