石田プレシジョン株式会社
株式会社中村製作所

【2021年版】テンションゲージ メーカー7社一覧

テンションゲージのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


テンションゲージとは

テンションゲージとは、圧縮力や引張力といった運動エネルギーを測るための測定ツールです。
該当ツールは大別すると機械式と電気式の2種類があります。
機械式は普及品で安価であり、電源不要なツールであることから扱い易いです。反面、測定精度に劣ります。
これに対して電気式は近年見掛けるようになり、コンパクトで測定精度が高いです。反面、高価です。
テンションゲージを製造する主な日本企業は、株)タナックス、株)中村製作所、株)イマダです。

テンションゲージの使用用途

テンションゲージの使用用途は、パソコン上にあるキーボードの押力測定やベルトやローラー類の引張力測定、冷蔵庫ドアの開閉トルク測定に用いられています。
最近は電気式のテンションゲージが出現したことにより、高機能化しています。
高機能の一例を説明します。
繊維やワイヤー等のサンプルを該当機器のレバーに挟んで巻き取り張力を自動測定できます。
また該当機器内にメモリを内蔵することで複数のサンプルを比較して測定することが可能です。

テンションゲージの原理

テンションゲージで最も一般的な機械式の棒状ゲージについて原理を説明します。
測定物をぶら下げた時、バネの力を応用して測定物の重量や引張力をゲージに表示します。
重量の場合、表示単位はg(グラム)です。また、引張力の場合、表示単位は1cN(センチニュートン)=1.02gfになります。
テンションゲージの種類は多く、棒状ゲージ、扇状ゲージ、ダイヤルゲージ、プッシュプルゲージ等があります。
機械式のテンションゲージの特長は主に以下の3点です。

  • 安価で電源が無くとも測定可能
    該当ゲージは機械式であるため、電源か無くても測定が可能です。
  • 使用環境が広い
    該当ゲージは精密機器で無いため、低温から高温までの幅広い環境で測定できます。
  • 耐久性が高い
    該当ゲージは機械部品から構成されているため、丈夫で耐久性が高いです。
    また、一般的な商店である魚屋や肉屋で使用されており、水分や油分が付着しても壊れることはありません。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/vona2/fs_processing/T0300000000/T0325000000/
https://teclock.co.jp/ja/product/tension/
https://metoree.com/categories/4688/#h2-title-1
https://www.forcegauge.net/catalog/products/top/tensionmeter

テンションゲージのメーカー情報

テンションゲージのメーカー7社一覧


テンションゲージのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社タナックス
  2. 2 宇野株式会社
  3. 3 株式会社中村製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社イマダ
  2. 2 石田プレシジョン株式会社
  3. 3 宇野株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社中村製作所
  2. 2 株式会社テクロック
  3. 3 株式会社タナックス

関連記事

カテゴリから探す