産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社日立製作所
株式会社戸上電機製作所
日東工業株式会社
富士電機株式会社
大垣電機株式会社
オムロン株式会社

【2020年版】開閉器 メーカー6社・34製品一覧

開閉器のメーカー6社・34製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


開閉器/接触器とは

開閉器と接触器は回路内の電源と各種負荷との接点を開閉することで負荷動作のON・OFFを行うスイッチの役割を持った電気制御のための機器です。

過電流によって負荷が異常加熱・発火することを防ぐためのサーマルリレー回路が組み込まれているかどうかによって開閉器と接触器は分類され、サーマルリレー回路が組み込まれているものを特に開閉器と呼びます。保護回路を持っているかどうかの違いの他、動作原理などはどちらも同じです。

開閉器/接触器の使用用途

開閉器/接触器は、回路上で負荷に最も近いところに設置され直接ON・OFFを行って負荷を制御するために使用されます。

特に、モーターの制御に特化しています。負荷の制御を行うものにリレーがありますが、モーターを制御する場合は突入電流が非常に大きいことと、遮断したときに発生するアーク放電に耐えられるような接点構造をそている必要があります。開閉器/接触器の接点構造はこれらの要件を満たしているため、モーターの制御を得意とします。

開閉器/接触器の原理

開閉器/接触器は電磁力によって接点の動作を行っています。

固定されたコアに対してコイルを挟んでバネで繋がれた可動コアが向かい合った構造をしています。可動コアにはさらに接点が接続されており、可動コアに連動して接点が動くようになっています。このような可動接点に対して、無通電状態では接触しない距離に固定接点を設置しておきます。このときコイルに電流を流すと磁力が発生し、可動コアが固定コアに引き寄せられ、それに連動して可動接点が固定接点に引き寄せられ物理的に接触します。これによって通電可能になり負荷が作動します。コイルへ電流を流すのをやめると、バネによる復元力で可動コアが元の位置に戻り、それに連動して可動接点と固定接点が離れるので無通電状態になります。

開閉器では上記の仕組みに加えて、主回路と操作回路との間にサーマルリレー回路がくみこまれています。サーマルリレーの接点は、電流が流れる際に発生する熱によって湾曲する構造をしており、一定温度で動作するように設計されています。

参考文献
https://elec-tech.info/whats-thermal-relay/
https://shimatake-web.com/contactor-difference/

開閉器のメーカー情報

開閉器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日立製作所
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 富士電機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日東工業株式会社
  2. 2 大垣電機株式会社
  3. 3 オムロン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社日立製作所
  2. 2 富士電機株式会社
  3. 3 株式会社戸上電機製作所

開閉器のメーカー6社一覧


開閉器の34製品一覧

開閉器のオンライン購入


モノタロウでチェック

開閉器の中古品


ジモティーでチェック

関連記事

カテゴリから探す