産業用製品比較のメトリー
メトリー
神明電機株式会社
日精株式会社
日本電産コパル電子株式会社
メガニクス株式会社
マル信無線電機株式会社
ホシデン株式会社
タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
シンデン株式会社
オータックス株式会社
アルプスアルパイン株式会社
Switronic
Switchtech

【2020年版】スライドスイッチ メーカー35社・84製品一覧

スライドスイッチのメーカー35社・84製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スライドスイッチとは

スライドスイッチは、操作用スイッチでつまみをスライドさせてオンオフを切り替えるスイッチです。縦スライドと横スライドがあり、身近な電化製品にも使用されていますが、デジタル化されている製品では少なくなってきています。

スライドスイッチの端子の接続方法は様々でスルーホールやライトアングル、はんだやねじなどがあります。
近年は小型化が進み、ディップスイッチ等に搭載されている製品もあります。
必要な回路数と端子数に応じた製品を選択しますが、ノンショーティングの製品が多いです。

スライドスイッチの使用用途

主に電源のオンオフを切り替える用途で使用されています。一般家庭においてはマイクや扇風機、ひげそり、ドライヤー、懐中電灯などの照明器具の電源などで多く見かけます。

薄型のものでは、厚さ1.4㎜程度の製品もあり、一層の小型化が進んでいます。小型のスライドスイッチは、ディップスイッチに組み込まれて使用されている場合もありますが、微小電流用の超小型の製品や、表面実装用や基板取り付け型として使用されています。接触機構を工夫してセルフクリーニング効果のある製品もあります。

スライドスイッチの原理

スライドスイッチの内部に端子があり、ここが接点になって回路とつながっています。
スイッチのつまみの下は金属の可動切片があり、可動切片が端子と接触することで回路とつながり、つまみを切り替えることで端子を切り替えることができます。スライドスイッチは主にオンオフの切り替えに使用されるのでノンショーティングタイプが多いです。

接点(端子)には銅合金を使用することが多いですが、金や銀を使用した製品もあり微小電流領域での使用に向いています。端子部分をエポキシ樹脂でシールして安定性を高めているものもあります。

また、可動切片と接点との接触機構が1点の製品よりも、2点で接触する製品はスイッチとして信頼性が高くなっています。さらに、クリップ型で摺動させて接触させる方式では、セルフクリーニング効果が期待できます。

回路数と接点数(端子数)の合うものを選択したら、定格電流、電圧と負荷を確認してください。
小型のスイッチは耐電流、耐電圧が低い場合が多いです。

参考文献
https://contents.zaikostore.com/semiconductor/1368/
https://www.nkkswitches.co.jp/support/klg/knowledge.html

スライドスイッチのメーカー情報

スライドスイッチのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ミネベアミツミ株式会社
  2. 2 アルプスアルパイン株式会社
  3. 3 SMK

設立年の新しい会社

  1. 1 Switchtech
  2. 2 Switronic
  3. 3 Light Country

歴史のある会社

  1. 1 SMK
  2. 2 Switchcraft
  3. 3 アルプスアルパイン株式会社

スライドスイッチのメーカー35社一覧


スライドスイッチの84製品一覧

スライドスイッチのオンライン購入


モノタロウでチェック


秋月電子通商でチェック


Amazonでチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック

スライドスイッチのレンタル


ヤフオクでチェック

関連記事


マイクロスイッチ


検出スイッチ


セーフティドアスイッチ

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器