【2021年版】アルゴンガス メーカー13社一覧

アルゴンガスのメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


アルゴンガスとは

元素番号18番。記号はAr。

語源はギリシャ語の「怠け者」を意味し、非反応性の特徴を指しています。

非常に少数の化合物を形成しています。

アルゴンは、不活性雰囲気を作る際に使用されます。

チタンや他の反応性元素の製造にもこのように使用されています。

また、溶接部を保護するために溶接工によって使用され、フィラメントを腐食させる酸素を止めるために白熱電球にも使用されています。

アルゴンは希ガスの中で最も多く(空気中では0.93%v/v)存在するため、酸素との共存が問題となります。

アルゴンガスの使用用途

アルゴンは、溶接された金属が酸化しない不活性雰囲気を提供します。


アルゴンは、蛍光管や低エネルギー電球に使用されています。

低エネルギー電球にはアルゴンガスと水銀が含まれている場合があります。

スイッチを入れると放電がガスを通過し、紫外線を発生させます。

その紫外線によって電球の内面のコーティングが活性化され、明るく光ります。

二重ガラスの窓は、窓ガラスの隙間を埋めるためにアルゴンを使用しています。

高級車のタイヤには、ゴムの保護やロードノイズの低減のためにアルゴンを入れることがあります。

アルゴンガスの原理

アルゴンは無色無臭のガスで、他の物質には全く不活性です。

不活性ガスとは、与えられた条件の下で化学反応を起こさないガスのことです。

一般に不活性ガスは、試料と空気中の酸素や水分との酸化反応や加水分解反応で起こる劣化を促進させる化学反応を避けるために使用されます。

ただし、希ガスでも特定の条件下では反応させることができます。

精製されたアルゴンや窒素ガスは、天然の豊富さ(空気中のN2が78.3%、Arが1%)とコストの低さから、不活性ガスとして最も一般的に使用されています。

18族元素には、ヘリウム、ネオン、アルゴン、クリプトン、キセノン、ラドンがあります。

価数殻の一般的な配置は、ns2np6です。

これらの元素はすべて大気中で気体の状態で存在します。

アルゴンは酸素とほぼ同じ溶解度を持ち、水には窒素の2.5倍の溶解度を持っています。

アルゴンは空気よりも熱の伝導率が低いため、ガラスとガラスの間の隙間にアルゴンを入れることで、より良い断熱効果が得られます。

参考文献
https://www.airgas.com/resources/gases101/argon

アルゴンガスのメーカー情報

アルゴンガスのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 大陽日酸株式会社
  2. 2 株式会社サイサン
  3. 3 岩谷産業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 神鋼エアーテック株式会社
  2. 2 AIR PRODUCTS INDUSTRY CO.,LTD.
  3. 3 株式会社いちたかガスワン

歴史のある会社

  1. 1 大陽日酸株式会社
  2. 2 福岡酸素株式会社
  3. 3 エア・ウォーター株式会社

アルゴンガスのメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す