株式会社シロ産業
株式会社エムケー・サイエンティフィック
日本カノマックス株式会社
マルチ計測器株式会社

【2021年版】微風速計 メーカー6社一覧

微風速計のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


微風速計とは

微風速計(Breeze anemometer)は製造工場や研究室の環境測定、安全管理、ビル管理などの目的で風の速さを測定し、
デジタル表示させる機器、風速計の一種類です。0.01m/s以上の風速分解能を持ち、非常に弱い風速測定にも対応可能な機器のことで、
狭いところや室内での計測によく使われます。

熱線式で風量、温度測定も出来るものやメモリー機能付きでパソコンやプリンターへ接続可能なもの、プローブ延長棒付き、ダクト入力機能付き、
高温測定用のモデル、JIS準拠品、ワイヤレス風速計まで、大きさや機能によって様々なので、用途や室内環境における使いやすさを考慮して
適した機器を選びます。

微風速計の使用用途

微風速計は従来、屋内の換気機能を検査することによって快適性を評価するために使われましたが、最近は風に対する建築物の影響を測定したり、
クリ-ンルーム内の環境管理用途など様々な場所で使われています。

使用例は以下の通りです。

微風速計の原理

風速計には、速い流速での測定ができるピトー管式風速計、温度変化の影響を受けにくいベーン(風車)式風速計、金属線の熱損失から
風速を計測する熱式風速計がありますが、微風速域での精度が良い熱式風速計が微風速計としてよく使われます。

熱式微風速計は大きく本体とプローブで構成されています。
金属線のセンサーが風で冷却され熱損失がおきる際の電気抵抗の変化やその風により空気に移動する熱量(熱放散量)を測定することによって
風速を求めます。

高精度な測定をするために、熱式風速計に使用されているセンサーが付いているプローブはセラミックパイプでできています。
直径約0.6mm、長さ7mmのパイプに約25μmのプラチナ線やサーミスタなどを巻き、その上に特殊コーティングをします。

中には風速センサー以外にも風温測定用の風温センサーや風温の変化を感知する温度補償センサーが同時に採用されているものもあります。

参考文献
https://ureruzo.com/AMwbgt10.htm
http://www.kanomax.co.jp/technical/detail_0013.html
https://ureruzo.com/AMwbgt10.htm
https://hakaranger.net/%E7%86%B1%E7%B7%9A%E5%BC%8F%E9%A2%A8%E9%80%9F%E8%A8%88%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86/
https://www.transtech.co.jp/product/tsi_anemometer_appnote_1

微風速計のメーカー情報

微風速計のメーカー6社一覧


微風速計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 マルチ計測器株式会社
  2. 2 日本カノマックス株式会社
  3. 3 株式会社佐藤商事

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社佐藤商事
  2. 2 株式会社エムケー・サイエンティフィック
  3. 3 マルチ計測器株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本カノマックス株式会社
  2. 2 株式会社シロ産業
  3. 3 東亜工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す