産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社小野測器
株式会社アコー
リオン株式会社
カイセ株式会社
IMV株式会社

【2020年版】騒音計 メーカー18社・44製品一覧

騒音計のメーカー18社・44製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


騒音計とは

騒音計は、環境騒音や機械などから発生する騒音などを測定する装置です。サウンドレベルメータとも呼ばれています。騒音は単純な音の大きさを測定するのではなく、人がどのように聞こえるかを考慮する必要があります。そのため、大きく聞こえる音や不快に感じる音の音圧や周波数を重みづけして算出した値である、騒音レベルを用いて騒音の度合いを測定します。騒音の測定精度に応じて、普通騒音計と精密騒音計の2種類があります。

騒音計の使用用途

騒音計の使用用途は、建設現場や工場で機械音などから発生する騒音を測定するために使用されます。騒音の許容の度合いは、法律によって定められているので、工場の建設するときや、新しい機械を導入するときなどは、騒音の基準値を満たしておく必要があります。また、住宅を建設する際には、住宅内部の騒音レベルを基準値以下にしなければならないので、周辺の車や飛行機、電車などから発生する騒音の測定に対しても、騒音計が使用されます。

騒音計の原理

騒音計は、マイクロホン、増幅アンプ、周波数重み付け部、騒音レベル演算部、表示部で構成されています。騒音計の測定原理について説明します。

① 測定対象場所における収音
マイクロホンで、周辺の音を拾い、それを電気信号に変換します。マイクロホンにおける収音では、振動膜が使用されており、振動膜が振動する周期を測定することによって周波数を、振動する大きさを測定することによって音圧を測定します。その後、マイクロホンから発生した電気信号を増幅アンプによって増幅させます。マイクロホンの測定精度によって、普通騒音計と精密騒音計に分けられます。

② 周波数重み付け
周波数重み付け部で、増幅アンプによって増幅された電気信号の周波数を、人が聞き取りやすい周波数に応じて重み付けされます。

③ 騒音レベルの演算
重み付けされた周波数と音圧を使用して、騒音レベルを演算します。演算時は、等ラウドネス曲線を利用して算出されます。

参考文献

https://www.jstage.jst.go.jp/article/souonseigyo1977/2/6/2_6_3/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jasj/55/5/55_KJ00001457189/_pdf

騒音計のメーカー情報

騒音計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 リオン株式会社
  2. 2 株式会社小野測器
  3. 3 IMV株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社佐藤商事
  2. 2 株式会社ソーテック
  3. 3 G.R.A.S. Sound & Vibration

歴史のある会社

  1. 1 日本カノマックス株式会社
  2. 2 ブリュエル・ケアー・ジャパン
  3. 3 リオン株式会社

騒音計のメーカー18社一覧


騒音計の44製品一覧

騒音計のオンライン購入


Amazonでチェック


アズワンでチェック

騒音計のレンタル


NDTレンタルでチェック


オリックス・レンテック株式会社でチェック


株式会社レックスでチェック


株式会社メジャーでチェック

関連記事

カテゴリから探す