入江株式会社
三洋貿易株式会社

【2021年版】レオメーター メーカー13社一覧

レオメーターのメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


レオメーターとは

レオメーターとは、物質の粘度や弾性を測定する装置です。

一般的にステージにのせたサンプルにプローブを通して回転運動を与え、そのときに生じる応力の変化を測定することでさまざまな特性を検知します。

プローブには主に、円盤状のコーンプレート型と、二つの円筒を用いる共軸二重円筒型の2種類があります。これらのプローブの回転数と回転モードを自由に変えて測定することができるのが最大の特長です。

主に食品、医薬品、塗料、電池などの材料の物性評価に利用されています。

レオメーターの使用用途

レオメーターを用いて、物質の粘弾性の測定が可能で、これらの特性から主に材料の物性評価をすすめます。

現在では、食品、医薬品、塗料、セラミック、電池等々の材料評価に利用されています。

また高分子化学などの基礎研究分野においては、レオメーターを用いて得られた粘弾性測定値から分子構造をもとに考察することで、新規高性能材料の探索、安全性や効果の高い材料や製品の開発につながる研究もすすめられています。

レオメーターの原理

レオメーターとは、物質の粘度や弾性を測定する装置です。

一般的に、高圧で測定槽に注入されたサンプルにプローブを通して回転運動を与え、そのときに生じる応力の変化を測定することで、物質に加えられた力および物質の変形との時間的相関関係を明らかにすることができます。

この相関関係から粘弾性、降伏応力、伸長粘度、応力緩和などの基礎物性を評価することができます。

測定に用いられるプローブには主に、円盤状のコーンプレート型と、二つの円筒を用いる共軸二重円筒型の2種類があります。

これらのプローブの回転数だけでなく、正弦波応力負荷等、回転モードを自由に変えて測定可能であることが最大の特長です。

目的の材料について粘弾性などの基礎物性を正確に知ることで、材料としての優劣や可否を評価するだけでなく、材料を構成する物質の分子構造とあわせて考察することで、安全性や効果の高い製品の開発、新規高性能素材の探索にもつながります。

 

レオメーターのメーカー情報

レオメーターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
  2. 2 三洋貿易株式会社
  3. 3 株式会社北浜製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社大菜技研
  2. 2 日本カンタム・デザイン株式会社
  3. 3 株式会社アントンパール・ジャパン

歴史のある会社

  1. 1 入江株式会社
  2. 2 英弘精機株式会社
  3. 3 三洋貿易株式会社

レオメーターのメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す