【2021年版】フッ素コーティング剤 メーカー10社一覧

フッ素コーティング剤のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フッ素コーティング剤とは

フッ素コーティング剤とは、様々な特性を持つフッ素樹脂を金属やステンレスなどの母材にコーティングさせることで、非粘着性や防汚性などを付与する材料です。そもそもフッ素樹脂は、蛍石などに含有するフッ素と炭素鎖からなる熱可塑性樹脂で、ポリテトラフロロエチレン(PTFE)などが存在します。フッ素樹脂は、非粘着性や耐熱性、滑り性、非濡れ性、耐摩耗性、絶縁性、耐薬品性に優れているため、フッ素コーティングを施した製品もこれらの機能を得ることができます。

フッ素コーティング剤の使用用途

フッ素コーティング剤は、家庭用の生活用品から工業用品まで幅広い用途で使用されます。家庭用品ではフライパンが代表例で、非粘着性、耐熱性、滑り性、耐摩耗性を向上させています。工業用途では、金型や建築材料、薬品を使用するパイプや容器などに使用されます。特に耐薬品性の高さはトップクラスで、猛毒であるフッ化水素をはじめ、あらゆる薬品にも溶けることはありません。また、高い耐薬品性が求められる場合は、ピンホールと呼ばれる小さな穴を抑制するため、複数回コーティングを行います。

フッ素コーティング剤の特徴

金属やステンレスなどの母材にフッ素樹脂をコーティングし、加熱によって溶融させることで、皮膜を形成させます。焼き付けの加熱温度は300℃以上に達するため、プラスチックなど耐熱性の低い素材にフッ素コーティングはできません。フッ素樹脂にはいくつか種類があるため用途に応じて、最適なコーティング剤を選定する必要があります。

  • PTFEコーティング剤
    一般的なフッ素コーティング剤で非粘着性と滑り性の向上に寄与します。耐熱温度は260℃程度であり、耐腐食性を向上させることはできません。
  • PFAコーティング剤
    非粘着性と耐腐食性、耐薬品性に優れ、ピンホールのない厚膜コーティングに良く用いられます。耐熱温度は260℃程度です。
  • FEPコーティング剤
    耐熱温度が200℃程度なので、高温状態で使用しないことを前提に滑り性を向上させたい場合に使用されます。
  • ETFEコーティング剤
    耐熱温度は150℃と低いため、耐腐食性用途に用いられることが多いです。また、引張強度と引張伸度に優れています。

最後にコーティング時の注意点を2つ紹介します。1つ目は変色の可能性があることです。フッ素コーティング剤の焼き付け温度は300~450℃に達するため、母材にステンレスを使用すると薄い黄土色に変色します。

2つ目は安全性についてです。火災や溶接作業で400℃以上の高温状態に曝されると、フッ素コーティング剤は人体に有毒がガスを発生させます。高温状態が想定される用途での使用は推奨されておらず、万が一使用する場合は換気やマスクの着用が必須です。

参考文献
https://www.fluorotech.co.jp/column/fluorine_coating.html
http://f-minoru.co.jp/resin/fluorine.html
https://onukikougaku.co.jp/topics/842.html

フッ素コーティング剤のメーカー情報

フッ素コーティング剤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 AGC株式会社
  2. 2 巴工業株式会社
  3. 3 株式会社極東商会

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社フロロテクノロジー
  2. 2 株式会社クリスタルプロセス
  3. 3 株式会社ハーベス

歴史のある会社

  1. 1 AGC株式会社
  2. 2 巴工業株式会社
  3. 3 AGCセイミケミカル株式会社

フッ素コーティング剤のメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す