【2021年版】防錆紙 メーカー14社一覧

防錆紙のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


防錆紙とは

防錆紙は、錆を防止する機能を付与した包装紙です。クラフト紙などに気化性の防錆剤を塗布、または含浸して製造されます。

鉄鋼製品を含め、金属製品が錆びるのを防ぐためには、一般的に防錆油が用いられます。しかし防錆油によって製品をコーティングした場合、使用する前にこの油を取り除く作業が発生し、人件費などのコストがかかってしまいます。これに対し、防錆紙では防錆油を使用せず、防錆剤による化学反応で錆が生じるのを防ぎます。このように防錆方式が異なるため、油を除去する作業を省略でき、作業の工数が削減できます。

防錆紙の使用用途

防錆紙は前述のように、鉄鋼製品などの金属製品を保管するのに適しています。これらの製品を直接防錆紙で包み保管すれば、錆が生じにくくなります。バリア層を持ち防湿性も兼ね備えている防錆紙も市販されており、こうした防錆紙を利用した場合は、防湿用の包装が不要です。

直接包むだけではなく、密封された空間の中に入れるといった使い方もあります。ポリエチレンの袋や防湿性の段ボールなどの密封された空間内に金属製品と共に入れておくことで、錆の防止が可能です。 

防錆紙の原理

防錆によく使われる防錆油は、主に油膜によって錆を防止する製品です。金属の錆の原因になるのは、水や酸素の接触です。防錆油には防錆添加剤による防錆効果もありますが、油膜がこれらと金属表面の接触を妨げることで錆を防ぐことができます。

これとは異なり、防錆紙は化学的な作用によって錆を防止しています。防錆紙から気化した防錆剤が金属表面に吸着すると、防錆効果が発揮されます。この防錆剤は、防錆油の油膜の1/1000の厚さでも錆を防ぐ効果が期待できるため、使用量は少量で済むのです。

防錆紙は化学反応を利用しているため、物理的な作用で錆を防ぐ防錆油と違い、全ての金属に対して同じ作用が期待できない点はデメリットといえます。包装したい製品に最適な防錆紙を選定できていないと、逆に錆が生じるのを促進してしまう可能性があります。

また、防錆紙で包む前に包装対象の製品を洗浄しておくことも重要です。防錆紙には汚れを落とす作用はないため、汚れが残っていると防錆剤が到達しにくくなる可能性があります。 

参考文献
https://www.juntsu.co.jp/rust/rust_kaisetsu04.php
https://www.threebond.co.jp/ja/technical/technicalnews/pdf/tech18.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcorr1991/43/9/43_9_511/_pdf/-char/en 

防錆紙のメーカー情報

防錆紙のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社イーパック
  2. 2 堀富商工株式会社
  3. 3 株式会社ウインテックス

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ウインテックス
  2. 2 株式会社日本エコリアル
  3. 3 株式会社小松

歴史のある会社

  1. 1 株式会社コシハラ
  2. 2 堀富商工株式会社
  3. 3 ナワ繁株式会社

防錆紙のメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す