日鉄溶接工業株式会社
古河電気工業株式会社
イグス株式会社

【2021年版】ケーブル保護管 メーカー13社一覧

ケーブル保護管のメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ケーブル保護管とは

ケーブル保護管は電力線および通信ケーブルを保護する長尺のパイプであり、材質により樹脂管と金属管があります。樹脂管、金属管のそれぞれに、ストレートな直管と屈曲に対応した可とう保護管があります。

ケーブル保護管に要求される特性としては、扁平強度、耐衝撃性、電気絶縁性、難燃性、水密性があげられますが、ケーブル保護管が敷設、配管される環境に応じて耐油性、耐化学性、コンタミを出さないという特性も要求されます。

ケーブル保護管の使用用途

ケーブル保護管は、電力線あるいは通信ケーブルの配線経路において、美観向上、漏電リスクの軽減、電磁遮蔽、火災による燃焼防止といった目的のために使用されるため、一般住宅、ビルディング、工場といった施設の屋内、屋外などのさまざまな場面で使用されるため、それぞれの使用環境にふさわしいケーブル保護管の選択が重要となります。

また、近年の無電柱化推進計画により、電線類の地中化に対応したケーブル保護管の利用が始まっています。

ケーブル保護管の原理

ケーブル保護管は、金属管、樹脂管の区別なく、電線のスムーズな入線および電線交換時の容易な引き抜き、その際に電線被膜に損傷を与えないことが要求されます。そのため、菅内部および管両端口元は加工時のバリが残っていないこと、錆が発生しないことが必須であり、菅内部の摩擦低減のためメッキやコーティングが施されます。

金属管と樹脂管を比較すると、金属管は強度に優れますが加工コストも高く、設置工数が大です。一方、樹脂管は強度は劣りますが、加工コストが低く、耐食性にも優れ、軽量のため設置工数も小さくなります。そのため、金属管に樹脂コーティングを施すことで、両者の長所を持たせたケーブル保護管もあります。

電線類の地中化といった用途に伴いケーブル保護管にさらに求められる特性があります。そのひとつは雨水に対する水密性で、他保護管とのジョイント部分をゴム軸受構造にしたものもあります。また、土中においての経年変化を抑えたもの、土壌からの腐食に対して耐酸性、耐アルカリ性を持たせた素材の保護管もあります。

参考文献
https://www.eslontimes.com/system/access/file/item=6/type=4/id=2652/
https://www.maruichikokan.co.jp/products/domestic/wire/index.html
https://electricwork.biz/%E9%9B%BB%E7%B7%9A%E7%AE%A1%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E/

ケーブル保護管のメーカー情報

ケーブル保護管のメーカー13社一覧


ケーブル保護管のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 古河電気工業株式会社
  2. 2 積水化学工業株式会社
  3. 3 丸一鋼管株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日鉄溶接工業株式会社
  2. 2 株式会社エスコ
  3. 3 株式会社キャプテンインダストリーズ

歴史のある会社

  1. 1 古河電気工業株式会社
  2. 2 外山電気株式会社
  3. 3 ヨツギ株式会社

関連記事

カテゴリから探す