河村電器産業株式会社
摂津金属工業株式会社
サンワサプライ株式会社

【2021年版】防塵ラック メーカー7社一覧

防塵ラックのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


防塵ラックとは

防塵ラックとは、防塵対策がされているラックです。パソコンや精密機器など、ラック内のものを粉塵から守るために用いられます。

製造工場や物流センターなどの施設には、ベルトコンベアや作業ロボットなどさまざまな機械が導入されています。それに伴い、こうした機械を制御するためのパソコンが数多く設置されているのです。

これらの施設ではオフィスなどと比べて多くの粉塵が発生する場合がほとんどで、機器の防塵対策が必要です。 

防塵ラックの使用用途

防塵ラックは、製造工場など粉塵の発生しやすい作業現場で使われる製品です。

製造工場では、製造する製品によってさまざまな種類の粉塵が発生します。紙やパルプなどの製紙分野では紙粉、金属加工の分野では金属粉、また油を使う工程があればオイルミストといった微粒子が多量に出るのです。

IoTやAIの発展により、今後はパソコンなどの制御端末がさらに普及していくでしょう。防塵ラックを導入することで、これらの精密機器を粉塵から守ることが可能です。 

防塵ラックの原理

防塵ラックは、ラック内のものを粉塵から保護する製品です。中に入れている端末が粉塵により故障してしまうと、保存データの損失や製造工程の停止といった重大な事態につながる可能性があります。粉塵濃度が高い場所での使用が想定されるため、強力な防塵性能が要求されます。

防塵ラックでは、主にラック内を密閉することによって、粉塵の侵入を防いでいるのです。ただし機器のメンテナンスや出し入れを行う必要があるため、全ての部品を溶接するなど、完全な密閉空間になるような設計はできません。部品どうしの隙間にパッキンを入れたり、組み立て方や構造を工夫したりして、操作性を確保しながらなるべく密閉できるように作られています。

防塵ラックに入れる機器は主にパソコンなどの電子機器ですが、これらは使用時に発熱する特性を持っています。熱の蓄積は故障につながってしまうため、密閉空間を維持したうえで熱を逃す構造にしなくてはなりません。

防塵ラックでは、ファンや熱交換器を用いて排熱を行ったり、冷房機能を組み込んで機器を冷却したりしています。これらの排熱・冷却設備も防塵仕様のものが採用されています。 

参考文献
https://www.world-sds.co.jp/rack/course_beginner/01
https://www.world-sds.co.jp/rack/course_beginner/02

防塵ラックのメーカー情報

防塵ラックのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 河村電器産業株式会社
  2. 2 サンワサプライ株式会社
  3. 3 摂津金属工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 東洋機器製造株式会社
  2. 2 エス・ディ・エス株式会社
  3. 3 サンワサプライ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 河村電器産業株式会社
  2. 2 岡部工業株式会社
  3. 3 協和電工株式会社

防塵ラックのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す