興和化成株式会社
竹内工業株式会社
石川特殊電線株式会社
森宮電機株式会社
株式会社栃木屋
株式会社モリテックス
株式会社クラベ
株式会社エスケイ工機
東洋技研株式会社
星和電機株式会社
日星電気株式会社
北川工業株式会社

【2021年版】配線保護材6選 / メーカー47社一覧

配線保護材のメーカー47社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


配線保護材とは

配線保護材は、各種の配線にかかる力や電気的な作用から保護する役割を持つ製品で、ホルダー、ブッシュ、集束するスパイラルチューブなど様々な形状があります。チューブ型が多く、スナップボタンで留める仕様や、スリットが入っているものなど幅広い製品があります。

なかでもコルゲートチューブは、丈夫で柔らかくて簡単に曲げることができ、取り外しも簡単なのでよく利用されています。

それぞれのチューブは屋内用だけでなく、素材によって耐熱用や耐寒性の良い屋外用など用途に合わせた仕様があります。

配線保護材の使用用途

形状記憶型の編み込んだチューブは、軽量でしなやかなので配線保護材として柔軟に配線をまとめることができ、飛行機の配線やコンサート、劇場の音響や照明機器の集束に使用されています。

また、スリットが入った蛇腹形状のコルゲートチューブは特にワイヤーハーネスを保護する目的で自動車、建機、農機、家電や住宅に至るまで幅広く使用されています。

配線引き出し口などのパネルの穴の損傷から配線を保護する目的にはグロメットが利用されています。

配線保護材の原理

それぞれの配線保護材は、基本的に配線の周囲をチューブ等で覆うことによって保護しています。スリットが入っている保護材のほうが配線を入れやすい構造になっています。保護材に適合する電線の内径と、チューブの自然内径を比較しながら品番を選択します。また、チューブの材質によって使用用途が変わってきます。以下に材質の説明を記載します。

ポリプロピレン
絶縁性で電気を通しません。柔軟性があり、ひび割れしにくいので標準的なチューブによく利用されています。さらに安価でサイズや色が幅広く展開しています。

ナイロン
100℃程度の高温にも耐える素材で、絶縁性です。ポリプロピレンよりも若干硬くて値段は高い傾向があります。耐候性に優れており、屋外での使用に好まれます。

防ネズミ用忌避剤含有ナイロン
屋内外での使用時にネズミにかじられてしまう被害を抑えることができます。ネズミがかじると刺激や辛味を感じる仕様になっており、断線を予防します。

クロロトリフルオロエチレン
伸縮性に富んでいて、滑りがよく150℃程度まで耐熱性を持ちます。値段は高価です。

その他、シリコン編み込みやガラス編み込みチューブなど自己消火性があり耐熱温度が180℃程度まである製品もあります。

コルゲートチューブ

コルゲートチューブは、配線保護用部材として使われる配線保護チューブのひとつです。コルゲートチューブとは、電源の供給や信号の通信などに用いられる複数の電線・配線を束にする配線用ハーネスのひとつでもあり、電線や配線を束ねてまとめるだけでなく、様々な外からの衝撃から守る役目も担っており、勤務先から一般家庭まで幅広く使われています。

コルゲート(corrugate)とは「波形の」「波打った」という意味で、その名の通り、表面に波形の加工が施されているところが特徴です。波の形状になっているので、標準的なチューブよりもソフトで、取り回しが簡単なので、狭い所や変わった形をした空間でも効果抜群です。チューブの長さは、短いものから長いものまで、多種多様にラインナップされていますし、はさみ等で容易にカット出来ますので、使用条件に合わせ長さ調節して頂くことも出来ます。色はブラックが標準ですが、ホワイトやレッドなど、多彩な色をラインナップしているメーカもあり、配線の識別にも役立ちます。

コルゲートチューブの材質は、大別してポリプロピレンとナイロンの2種類があります。ポリプロピレンは柔軟性と丈夫さを併せ持った素材で安価で屋内用に多用されます。ナイロンは単価は高いのですが、劣化しにくいので、屋外用に適しています。用途に合わせて最適なものを選べるところもコルゲートチューブの魅力です。

スパイラルチューブ

スパイラルチューブは、配線保護を目的としたチューブで、弾力がある素材なので、それを活かして産業用のケーブルやチューブとして広く実用されています。またワイヤ保護やバンドの目的の他に、配線類の整理整頓としても活用されています。配線の整理整頓に使用する時は、バンドしたい配線を1ヶ所にバンドして、外枠をチューブで巻きつけるだけなので簡単です。

スパイラルとは英語で螺旋を意味し、渦巻き状に巻き付いたチューブのような形状に特徴があります。スパイラルチューブの素材はプラスチックのほか、ナイロンやポリエチレンやフッ素樹脂など多彩な素材が使われています。

参考文献
https://kurashi-no.jp/I0015516
http://www.shinagawashoko.co.jp/jp/cat4.html#:~:text=%E9%85%8D%E7%B7%9A%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%9D%90&text=%E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%82%92%E3%80%81%E5%8A%9B%E5%AD%A6%E7%9A%84%E3%80%81%E9%9B%BB%E6%B0%97,%E3%81%AB%E8%B2%A2%E7%8C%AE%E3%81%99%E3%82%8B%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82
https://www.panduit.co.jp/column/nattoku/4378/
https://www.panduit.co.jp/column/nattoku/2689/

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

配線保護材のメーカー情報

配線保護材のメーカー47社一覧


配線保護材のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 Panduit
  2. 2 株式会社クラベ
  3. 3 日星電気株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 Outdoor Solutions Electronics Co., Ltd.
  2. 2 Beisit Electric Tech (Hangzhou) Co., Ltd.
  3. 3 台湾雲林電子股?有限公司

歴史のある会社

  1. 1 株式会社共和
  2. 2 ヘラマンタイトン株式会社
  3. 3 株式会社クラベ

配線保護材のカタログ一覧(1件)

Metoreeに登録されている配線保護材のカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

株式会社エスケイ工機のカタログ



配線保護材6選

熱収縮チューブ類 スミチューブ

森宮電機株式会社 熱収縮チューブ類 スミチューブ 画像出典: 森宮電機株式会社公式サイト

特徴

配線保護材スミチューブは、ワイヤー径に合わせて保護や結束、収束する用途で用いることが出来ます。

ワイヤーを通線したあとで、加熱することで使用することが出来、配線保護や結束や集束を行えます。

熱に対する耐性や、電気絶縁性が強いという特徴があり、配線をしっかりと保護することが出来ます。

スミチューブは、材質や規格ごとにバリエーションが豊富で、難燃性や防水性に優れたラインナップの製品もあり、用途に適した製品を選択できます。

森宮電機株式会社の会社概要

製品を見る

ハーネスガイド

株式会社ニックス ハーネスガイド 画像出典: 株式会社ニックス公式サイト

特徴

配線保護と配線固定を同時に実現する、全く新しい配線保護材「ハーネスガイド」です。独自形状により3次元方向に屈曲し、自由な配置で固定が可能です。

電源部・モータ周辺の可動部や屈曲部、分岐部など様々な場所に1つの部品で対応し、部品の標準化によるコスト削減・工数削減に貢献します。

ニックスは、60年を超えて培った設計力と素材開発力で、多様化するニーズにお応えする高機能プラスチック製品を多数ご提供しています。

株式会社ニックスの会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 8F
  • URL: https://nix.co.jp/
  • 創業: 1953年
  • 従業員数: 183人

製品を見る

結束保護チューブ(ホックタイプ)OTP-R(S)

日本ジッパーチュービング株式会社 結束保護チューブ(ホックタイプ)OTP-R(S) 画像出典: 日本ジッパーチュービング株式会社公式サイト

特徴

結束保護チューブOTP-R(S)シリーズは、ホックタイプの配線保護材です。

製品の特長として、金属ホックが付加されたチューブで、工具などを使用する必要がなく、簡単に配線を結束させることが出来ます。

シート部分には、片面をシリコーン加工したアラミド繊維混紡を使用し、さらに、嵌合部分のホックの材質を、OTP-Rの難燃性ナイロンからステンレスの金属製に変更したことで、より高い耐熱性を実現しています。

火気を用いる場所にある配線を結束させる用途で用いることができ、溶融物やノロ対策にも適した配線保護材です。

日本ジッパーチュービング株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 兵庫県神戸市西区高塚台3-2-8
  • URL: http://www.ztj.co.jp/
  • 創業: 1972年
  • 従業員数: 100人

製品を見る

ふっ素樹脂チューブ(ハイフロンチューブ)

日星電気株式会社 ふっ素樹脂チューブ(ハイフロンチューブ) 画像出典: 日星電気株式会社公式サイト

特徴

ふっ素樹脂チューブ(ハイフロンチューブ)は、押し出し成型によってPTFE、PFA、FEP、ETFEなどのふっ素樹脂をチューブ形状にした配線保護材です。

電気的な特性や、熱や寒さなどに対する耐性に優れており、潤滑材や薬品や燃料などに対してほとんどの場合に不活性なので、特殊な環境下でも信頼性が高いことが特徴です。

連続使用可能温度がふっ素樹脂によって異なるので、使用に適した温度帯の製品を選ぶことが出来ます。

腐食性のある液体や実験装置の配管など、特殊な環境における配線保護の用途にも用いることが出来ます。

日星電気株式会社の会社概要

製品を見る

高反射シリコーンゴム

富士高分子工業株式会社 高反射シリコーンゴム 画像出典: 富士高分子工業株式会社公式サイト

特徴

配線保護材高反射シリコーンゴムは、難燃性UL94V-1で、広い範囲の波長域において90%以上の反射率を実現するなど反射率が非常に高く、熱やUVに対する耐性が高いシリコーンゴムを素材としています。

シリコーンゴム特有の高い柔軟性で可撓性が必要な場所に使用できることも特徴です。

主な用途として、生活や産業の分野において、家電、自動車産業、通信機器などで放熱や絶縁などに優れた配線保護材として幅広く使用されています。

富士高分子工業株式会社の会社概要

製品を見る

FKダクト FKD

北川工業株式会社 FKダクト FKD 画像出典: 北川工業株式会社公式サイト

特徴

配線保護材FKダクトFKDシリーズは、2次元可動をおこなうことができるケーブル保護ダクトで、あらゆる方向に可動することができ、RoHs指令に適合しています。

材質はナイロン製で、柔軟性が高くなり、可動性の高さに貢献しています。

二個単位で連結することが出来、縦方向へ連続して接続することが出来ます。

主な用途として、配線を保護することに用いられており、光ファイバに必要な曲率を保持することが出来ます。

北川工業株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す