株式会社石崎電機製作所
中興化成工業株式会社

【2021年版】フッ素樹脂テープ メーカー12社一覧

フッ素樹脂テープのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フッ素樹脂テープとは

フッ素樹脂テープ

フッ素樹脂テープとは、フッ素樹脂の一種であるPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)をフィルムに用い、その上からシリコン粘着剤を塗布したテープです。
フッ素樹脂は、他の樹脂素材よりも、様々な優れた特性を多く持っています。
熱に強いこと、滑らかで摩擦が小さいこと、薬品に対する耐性や、電気に対して絶縁性があります。また耐候性が高く、屋外でも劣化せずに使用することができます。
フッ素樹脂テープを貼ることで、これらの優れたフッ素樹脂の効果を手軽に利用することが出来ます。

フッ素樹脂テープの使用用途

ここで、フッ素樹脂テープの特性の一部を紹介しながら、使用用途について説明します。

  • 熱に対する耐性
    フッ素樹脂は、樹脂の中でも耐熱性が高く、融点や分解開始の温度が300度を超えているため、融点を超えても分解せず、低温から高温まで広い温度に対して安定して使用できるため、高温環境下やフィルムの溶着の被服などに用いられています。
  • 摩擦がなく滑らか
    さまざまな固体と比較しても、摩擦関数が最も小さく、潤滑性を有しています。
    そのため、ラインの潤滑材の役割としてコンベアなどの機器の滑らせたい部分に使用されたり、印刷機の用紙すべりの目的などにも使用されています。
  • 電気絶縁
    対称な分子構造を持つため、電気を絶縁するので、コイルやモーターなどの結束部分の被服などに活用されます。
  • 薬品耐性
    酸やアルカリの性質にも耐性があり、腐食されることがないので、薬品を扱う場合や、溶出などの心配がある部分にマスキングとして使用することで、保護することが出来ます。

フッ素樹脂テープの原理

続いて、フッ素樹脂テープの原理について説明します。
フッ素樹脂テープは、フィルムにフッ素樹脂を使用しており、その上からシリコン粘着剤でコーティングしています。
フッ素樹脂には、PTFEという種類があり、これは、炭素原子とフッ素原子のみからなり、これが強く結合することで、他の樹脂よりも優れた特性を示しています。
強い結合力によって化学反応が他の物質とは起こらないため、分解や溶解することがなありません。
熱・薬品・摩耗・屋外環境に対して耐性があり、非粘着性や絶縁性も有しています。

参考文献
https://tape-omakase-navi.com/column/post-370/
https://www.monotaro.com/s/c-70787/
https://www.nitto.com/jp/ja/products/resin/about/
https://www.meikou.jp/fluororesin.html
https://www.meikou.jp/fluororesin-2.html

フッ素樹脂テープのメーカー情報

フッ素樹脂テープのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 淀川ヒューテック株式会社
  3. 3 中興化成工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日東電工CSシステム株式会社
  2. 2 株式会社ハギテック
  3. 3 株式会社コンゴー

歴史のある会社

  1. 1 株式会社石崎電機製作所
  2. 2 日美商事株式会社
  3. 3 株式会社河野商店

フッ素樹脂テープのメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す