株式会社神戸清光

【2021年版】レベリング材 メーカー10社一覧

レベリング材のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


レベリング材とは

レベリング材とはセメント系または石膏を含んだ自然流動ととろみのある床材です。床の仕上げに用いられます。床へ流し、トンボなどで軽くならすと自然と水平に広がっていき、表面を金ゴテ仕上げと同等以上の平滑に仕上げます。別名は「レベラー」とも言います。

床材にはレベリング材の他にモルタルも挙げられます。モルタルは下地をそのまま引き上げ、仕上げるために使用します。レベリング材の方が速乾性に優れ、コストも抑えられます。モルタルは一度の施工で20mm以上の厚みを取る場合に推奨されます。

レベリング材の使用用途

一般的にはマンション・ビル・学校・病院・フォークリフトなどの重量物を使用する工場・駐車場・食品工場・厨房・タイルなどの張り物・屋上防水地下などに仕上げ材を張る前の地下調整として使用されます。新築工事・改修工事問わず使用されます。

速乾性に優れたものなど用途によって種類も異なります。一般的なものは車両の通行する床への使用に適していないため、強度を上げた専用のものを使用します。厨房や工場など勾配が必要な床には勾配を再現する専用のものを使用します。

レベリング材の原理

レベリング材には流し、トンボなどで軽くならすだけで均一な平面を形成する自己水平性があります。コンクリート床を工事する場合、平滑でなければ光の反射により凹凸が目立ち、見栄えが損なわれます。レベリング材は職人の熟練度に依存することなく、容易に平滑な平面を実現します。

レベリング材には短期間で施工を完了する速乾性があります。500平方メートルのコンクリート床へモルタルを施工した場合、乾くまでに7日間を要しますが、レベリング材では1日で乾きます。そのため、工期の短縮に貢献しています。

レベリング材は従来の床材と比べ、安価な施工を可能にする場合があります。単純な材料費ではモルタルの方が安価ですが、モルタルは水・セメント・砂を荷揚げしたり、養生期間を要したりするため工期が長くなります。材料費の他に工事全体にかかるコストを考慮するとレベリング材の方が安価に済む場合があります。施工の規模や状況によって変動します。

参考文献
https://www.fa-concrete.com/self.html
https://www.ipros.jp/cg2/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%9D%90/
https://www.fa-concrete.com/topics/column/%E4%BB%95%E4%B8%8A%E3%81%92%E8%AA%BF%E6%95%B4%E6%9D%90%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%81%E3%83%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%81%AE/

レベリング材のメーカー情報

レベリング材のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社エービーシー商会
  2. 2 二瀬窯業株式会社
  3. 3 株式会社大嶽安城

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社博有
  2. 2 株式会社東邦建材
  3. 3 株式会社マルヤス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社大嶽安城
  2. 2 二瀬窯業株式会社
  3. 3 株式会社エービーシー商会

レベリング材のメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す