【2021年版】アスファルト メーカー6社一覧

アスファルトのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


アスファルトとは

アスファルト

アスファルトとは、原油を精製することで得られる炭化水素を主成分とする黒色の物質です。常温状態では固体もしくは半固体ですが、高音域では容易に融解し液体となります。現在使用されるアスファルトの多くは石油由来ですが、一部に天然由来のアスファルトも存在します。また、アスファルトに砂や石などを複合させたものをアスファルト混合物と呼ぶため、区別して使用される場合もあります。アスファルトに似たものとしてコンクリートがありますが、コンクリートはセメントに砂や水を加えて、水和や重合反応を利用して固化させる粉末のため、大きな違いがあります。

アスファルトの使用用途

アスファルトの主な用途は道路の舗装です。日本の道路の9割以上はアスファルト塗装が施されています。アスファルトが重宝される理由はいくつかあり、1つは価格の安さが挙げられます。コンクリートと比べ低単価での舗装が可能です。また、短時間での施工が可能であり、透水性をコントロールできる点も道路舗装に用いられる理由です。最近ではヒートアイランド現象対策として、保水性や遮熱性を付与したアスファルト塗装や静音性を重視した塗装なども開発されています。

アスファルトの原理

アスファルトは原油を蒸留することによって得られ、主にアスファルト混合物として道路の舗装に使用されています。アスファルトの主成分はパラフィンやナフテン、芳香族炭化水素などであり、砂や石、骨材などを混合させます。これらの混合物を加熱して液状状態で使用しますが、常温で固化してしまうため施工が難しくなります。そこで使用されるのが粘性を低下させる乳化剤と呼ばれる物質です。アスファルト乳剤はアスファルトを微粒子状に分散させる作用があるため、相対的に粘度が低下します。これにより常温でも施工が可能になります。また、カチオン系乳剤、アニオン系乳剤、ノニオン系乳剤の3種類ありますが、現在はカチオン系乳剤が最もよく使用されます。

使用する乳化剤によって特性が変化しますが、アスファルトに混合するフィラーも特性に影響を与えます。一般的な道路に使用される密粒度アスファルト混合物は、粗骨材を55%、細骨材を35%、フィラーを5%、アスファルトを5%の組成で混合しています。透水性を高くしたい場合は粗骨材を多く、透水性を低くしたい場合は細骨材を多く配合しています。このように組成を工夫することで、所望の特性を達成することができます。

燃料としてのアスファルト

アスファルトには原油採掘時に発見された天然由来のものと、原油の蒸留時に残った残渣があります。いずれも常温では固体であり燃料としては扱いにくいものですが、重油と比べて比較的安価で供給されることから、発電用ボイラの燃料として使用されています。

天然由来でオイルが砂に含侵したような粘性が少ないものは、微粉に粉砕して使用します。石炭を使用した発電所でも例がありますが、燃焼炉に微粉バーナーで吹き込み燃焼します。重油の蒸留で発生する重質残渣などは、非常に粘性があるため、輸送時や保管時は加温して流動性を持たせます。使用するときはボイラの余剰蒸気を利用して加熱し、流動性を維持させてバーナーで吹き込み燃焼します。いずれの場合も燃焼後の残留炭素や金属灰分が重油以上に含まれており、燃焼後の燃え残り分の処置が必要です。

燃料としての問題点

アスファルトを燃料として使用する上で、問題点は大きく分けて2つあります。燃焼系統の設備を消耗し汚すこと、及び燃焼排ガスによる大気汚染です。

アスファルト中の不純物としては、地殻中から算出するための各種重金属と硫黄分が多く含まれています。各種重金属のうち、設備を汚すものとしてバナジウム化合物が挙げられます。バナジウムは燃焼により酸化物になると、他の金属酸化物より融点が低く、炉内でミスト状になり付着堆積しやすくなります。付着物が溶融していると、設備母材表面に酸素を供給しやすくなるため腐食を誘発する、また付着が増えると電熱を阻害し、ボイラ性能が低下します。そのため定期的に清掃する必要があります。

含まれる硫黄分の大部分は、硫黄酸化物としてガス中に存在します。そのままでは大気汚染の原因となることから、排ガスをアルカリで洗浄するか、アンモニアと反応させて回収する等の処置を施します。そのため大規模な設備が必要となります。近年では環境規制の強化や設備維持のコスト増のため、燃料としての使用環境は次第に厳しくなっています。

参考文献
http://www.askyo.jp/knowledge/
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_asphalt/85625/
https://www.ecocleansoil.jp/blog/290/
https://www.ihi.co.jp/ihi/products/resources_energy_environment/boiler/
https://www.fepc.or.jp/enterprise/hatsuden/fire/index.html
https://www.khi.co.jp/energy/energy_plants/coal_boiler.html

アスファルトのメーカー情報

アスファルトのメーカー6社一覧


アスファルトのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 奥村組土木興業株式会社
  2. 2 日進化成株式会社
  3. 3 昭和瀝青工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 横浜ベイアスコン株式会社
  2. 2 昭和瀝青工業株式会社
  3. 3 東瀝青建設株式会社

歴史のある会社

  1. 1 奥村組土木興業株式会社
  2. 2 東亜道路工業株式会社
  3. 3 日進化成株式会社

関連記事

カテゴリから探す