株式会社オーデック
太陽金網株式会社

【2021年版】セラミック接着剤 メーカー6社一覧

セラミック接着剤のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


セラミック接着剤とは

セラミック接着剤(英語:Ceramic adhesive)とは有機材料を全く含まずにファインセラミックスを原材料とした接着剤のことです。

セラミック同士の接着やセラミックと他の金属の接着及びコーティング、ネジの緩み止めなど幅広く使用されています。

人液加熱硬化型の耐熱性無機接着剤で、高温環境下でも強い接着強度を保つことができます。

半導体部品などの接着にも近年使用されており、今後ますますの用途拡大が見込まれる画期的な接着剤です。

セラミック接着剤の使用用途

セラミック接着剤はセラミック同士の接着やセラミックと他の金属の接着及びコーティング、ネジの緩み止めなどの目的に幅広く利用されています。

セラミック接着剤は、2つのタイプに大別でき、使用目的や条件に合わせたタイプのセラミック接着剤を選ぶ必要があります。

  1. 一液型:液剤のままそのまま塗布可能なもの
  2. 紛液混合:パウダーと硬化剤(若しくは水)を混ぜ合わせて使う必要があるもの

セラミック接着剤の使用例をご紹介します。

  • 宇宙船のアルミニウムパネルをX線から保護するコーティングとして使用。

セラミック接着剤の原理

ここではセラミック接着剤の原理について説明します。

セラミック接着剤は、一般的に一液型と紛液混合型の2種類があり、使用目的や条件に合わせたタイプのセラミック接着剤を選ぶ必要があります。

  1. 一液型:液剤のままそのまま塗布可能なもの

セラミック同士の接着やセラミックと他の金属の接着の場合、一液型のものを使うことが多いです。

  1. 紛液混合:パウダーと硬化剤(若しくは水)を混ぜ合わせて使う必要があるもの

宇宙船のアルミニウムパネルをX線から保護するコーティングとして使用場合などの特殊用途におけるコーティング用途の場合、紛液混合型のものを使うことが多いです。

特徴としては、超高温での使用が可能であり、素材種類により理論上の最大耐熱温度は2800℃にも達します。

使用目的として、汎用接着、特殊材料の接着、補修用、シール用途の4点に区分され、それぞれの目的に応じた最適なセラミック接着剤を選定することが重要なファクターを占めます。

参考文献
http://www.twc-net.co.jp/products/pdf/ResbondSeries.pdf
https://www.audec.co.jp/products/bond/

セラミック接着剤のメーカー情報

セラミック接着剤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 東亞合成株式会社
  2. 2 室町ケミカル株式会社
  3. 3 太陽金網株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社マテリアルデザイン
  2. 2 株式会社オーデック
  3. 3 朝日化学工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 東亞合成株式会社
  2. 2 太陽金網株式会社
  3. 3 室町ケミカル株式会社

セラミック接着剤のメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す