3Mジャパン株式会社

【2021年版】ホットメルト接着剤 メーカー14社一覧

ホットメルト接着剤のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ホットメルト接着剤とは

ホットメルト接着剤は加熱すると溶解し、冷えて固化する時に接着作用を引き起こす接着剤です。主に溶剤を使わない接着剤として好まれています。一般家庭でもDIYの材料として使用されています。

包装形状は様々で、ホットメルト接着剤の周りに非接着フィルムを巻いた枕のような形や、スティックタイプやブロックタイプや離型紙と呼ばれる非接着性の紙に入れた容器タイプなど様々です。利用するときはアプリケーターという加熱機器を使用します。

ホットメルト接着剤使用用途

最近は格安ショップでもグルーガンという名前で販売されるようになりました。スティックタイプのホットメルト接着剤を銃のような射出機に入れて必要量だけホットメルト接着剤を射出します。

また紙パックの飲み物についてあるストロー袋を接着する時などにも使われています。その他物流分野では商品ラベルの貼り付けに用いられています。こちらは剥がすのが容易なホットメルト接着剤を使用しています。

基本的には溶剤を使用しない接着として代表的な製品です。 

ホットメルト接着剤の原理

ホットメルト接着剤は120℃程度の温度まで加熱すると融点に達して溶解が始まります。その後接着したい材料に塗った後、一定温度まで下がると今度は逆に固化します。その際に分子レベルの物理吸着が起こり接着が起こります。この原理から、ポリプロピレン、ポリスチレン、木材、ガラス、鉄、ステンレス、アルミニウムなど様々な材料で接着することが可能です。

ホットメルト接着剤が環境に良いと言われるのは溶剤を使用しないからです。通常の接着剤は溶剤に溶かして使用し、溶剤が揮発することで接着性能を持たせます。そのため環境に悪いとされています。一方ホットメルト接着剤は先に説明した熱をトリガーとした物理吸着を行いますので、溶剤も用いず環境に良いとされます。

オレフィン系のホットメルト接着剤は物性が接着しにくい物質と似ているため、これらの接着に有効です。ゴム系ホットメルト接着剤は液体だと浸透してしまうような材料を接着するのに利用されます。これら物質の特徴をうまく使い分けることで幅広い接着を可能にしています。

参考文献
https://www.rextac-asia.com/column/products/hot-melt-type/

ホットメルト接着剤のメーカー情報

ホットメルト接着剤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 3Mジャパン株式会社
  2. 2 東亞合成株式会社
  3. 3 株式会社MORESCO

設立年の新しい会社

  1. 1 トーヨーケム株式会社
  2. 2 積水フーラー株式会社
  3. 3 加越株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ヘンケルジャパン株式会社
  2. 2 セメダイン株式会社
  3. 3 株式会社オーシカ

ホットメルト接着剤のメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す