産業用製品比較のメトリー
メトリー
昭和電線ケーブルシステム株式会社
古河電気工業株式会社
住友電気工業株式会社
オーナンバ株式会社
アンフェノールジャパン株式会社

【2020年版】PVケーブル メーカー15社一覧

PVケーブルのメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


PVケーブルとは

PVケーブル(Photovoltaics Cable)とは、2012年6月29日改定の電気設備に関する技術基準の解釈第 46 条に規定された太陽光発電用架橋ポリエチレン絶縁架橋ポリオレフィンシースケーブルの略です。

さく等、取扱者以外の者が立ち入らないような措置を講じた場所に限り使用可能です。

使用電圧は直流1500V以下、構造は絶縁物で被覆した上を外装で保護した電気導体、導体は断面積60mm2以下の軟銅線またはこれと同等以上の強さ、絶縁体は架橋ポリオレフィン混合物や架橋ポリエチレン混合物又はエチレンゴム混合物である事などが規定されています。

PVケーブルの使用用途

PVケーブルの使用用途ですが、太陽光発電設備において、太陽光発電モジュール同士(ソーラーパネル同士)、太陽電池モジュールと接続箱同士、接続箱とパワーコンディショナー同士を直流で連結する際に用いられます。

国内において、改定前は、電気設備に関する技術基準を定める省令の低圧に該当する直流600VのCVケーブル(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル)を使用していました。

しかしながら、直流電圧値を高くすることによって、電圧降下ロスが小さくなり、送電ロスも低減できることから、効率よく直列接続される太陽電池モジュールを増やすことができるようになります。

そのため、改定後は、高圧に該当する750V以上のケーブルとして、PVケーブルが使用されるようになりました。

PVケーブルの原理

PVケーブルの原理と特徴について記述します。

使用する導体を軟銅撚線としていますが、細い軟銅線またはスズメッキ軟銅線を集めて、束にして複数層撚り集めて柔軟性(可とう性)を持たせています。

そのため、柔軟性を必要とする場所で用いる場合の代表的な電気用導体です。

絶縁体には架橋ポリオレフィン(Cross-linked polyolefin)を使用しています。

ポリオレフィンは、オレフィン類やアルケンを重合して高分子化したものでポリエチレン(PE:Polyethylene)やポリプロピレン(PP:Polypropylene)も含まれます。これらを架橋剤や電子線を用いて、立体網目構造を持たせて耐熱性や耐薬品性を向上させますが、太陽光により劣化することが知られています。

そこで、外被(シース)に塩化ビニルの耐薬品性、難燃性、対候性、コストに優れた材料を用います。太陽光に強いですが、低温と高温に弱い所が弱点ですので、塩化ビニルの太陽光に対する強さを利用して、内側の架橋ポリオレフィン層を保護することで、ケーブルとしての利便性を高めています。

また、改定前のCVケーブルを用いた600Vの低圧太陽光発電設備と比べて、PVケーブルを用いた高圧太陽光発電設備の方が、接続箱の数とケーブルの本数を削減できることから、発電設備のトータルコストの低減効果が高くなります。

参考文献
https://www.tonichi-kyosan.co.jp/technical/pdf/technical01_02.pdf

PVケーブルのメーカー情報

PVケーブルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 住友電気工業株式会社
  2. 2 古河電気工業株式会社
  3. 3 昭和電線ケーブルシステム株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 LEONI Wire & Cable Solutions Japan株式会社
  2. 2 昭和電線ケーブルシステム株式会社
  3. 3 株式会社フジクラ・ダイヤケーブル

歴史のある会社

  1. 1 古河電気工業株式会社
  2. 2 住友電気工業株式会社
  3. 3 アンフェノールジャパン株式会社

PVケーブルのメーカー15社一覧


関連記事

カテゴリから探す