金子コード株式会社
有限会社ワイテック
富士電線工業株式会社
坂東電線株式会社
住友電気工業株式会社

【2021年版】シールドケーブル6選 / メーカー11社一覧

シールドケーブルのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シールドケーブルとは

シールドケーブルは、金属の導線を用いて通信を行うケーブルで、導線部分が金属層で覆われた構造をしているものです。金属層は薄膜や網、金属線の編み込みなどが用いられ、これをシールドと呼びます。

導線部分を金属層で覆うことで外部の電磁波が導線に干渉することを防いでいます。このような静電遮蔽の効果でノイズを抑え安定して高速な通信ができます。また、複数の導線を一本に束ねたような構造のケーブルでは動線同士の干渉も防ぐことができます。

シールドケーブルの使用用途

金属ケーブルを使って電気通信を行う際、外部の電磁波が信号に干渉することがあります。このような電磁波は、蛍光灯やエアコン、コピー機など、あらゆる身の回りのものから発せられます。このような外部の電磁波は、電気通信におけるノイズの原因になるため、高品質な通信を行うためには外部の電磁波を遮断する必要があります。

シールドケーブルは、このようなノイズを抑えるために導入されています。例えば、インターネットなどコンピュータのネットワークを構築するためのLANケーブルや、楽器やマイクに使われるケーブルにはシールドが施されています。

シールドケーブルの原理

通常のメタルケーブルは、導線部分の外側が絶縁体で覆われています。シールドケーブルは、この導線部分と絶縁体の間に金属製の薄膜や網などでできたシールドが挿入されています。

外部の電磁波によるノイズの原因は、静電誘導によるものと電磁誘導によるものがあります。これらはそれぞれ、外部電場によるものと外部磁場によるものです。電子機器のシールドはほぼ外部電場を想定したものになっています。

まず外部電場の影響を避ける場合のシールドケーブルの構造は、導体の中空に導線部分が配置されている構造をしています。このような導体の中空に別の導体が存在する場合、外部に帯電体(電場の発生源)があっても、静電誘導によりシールド上で電荷が移動するだけで内部の導線表面では電荷の偏りは起こりません。したがって導線の内部の電荷の総和はゼロになります。すなわち外部から電場が印加されてもシールド内部の電場に影響しないことを意味しています。このように、外部の電場の影響を受けないようにすることを静電遮蔽と言います。

シールドケーブルの種類

シールドケーブルには、外部からのノイズを防ぐことを目的とした「静電シールドケーブル」と、電流による磁束が外部の機器に影響を与えるのを防ぐことを目的とした「電磁シールドケーブル」があります。

静電シールドケーブルは、やアルミなどの金属テープや、メッシュ状の編み線で芯線を覆っています。これにより、外部からのノイズを吸収し、アースに流し、芯線にノイズが入るのを防止します。主に信号用ケーブルや通信用ケーブルに使用されます。

電磁シールドケーブルは、鉄と銅で芯線を覆い、電流による磁束が外に出ないようにしています。鉄の被覆がある為、曲げや折り曲げには弱くなっています。主に電源ケーブルや、モーター、ヒーターなどの大電流が流れるケーブルに使用されます。

種類によってアースの接続方法が違うので、シールドの種類に合った方法でアース接続する必要があります。

シールドケーブルの接地方法

静電シールドケーブルの場合、片側のみアースに接続します。これはシールドにリターン電流が流れるのを防ぐためで、両側をアースに接続した場合、シールドに電流が流れる可能性が高くなり、電流が流れることでシールドからノイズが発生してしまいます。

また、シールドをアースに接続しない場合、シールドの効果が得られないだけでなく、シールドがコンデンサの役割を果たし、電荷をためてしまい、何かの拍子で放出されると信号にノイズが乗ってしまいます。シールドケーブルを使用する場合は必ず接地するようにします。

電磁シールドケーブルの場合、両側をアースに接続します。これは、リターン電流を流すことで、芯線で発生する磁束と逆方向の磁束を発生させ、打ち消しあう効果を期待したものです。

両者とも接地配線は出来るだけ電気抵抗を小さくすることで、シールド効果を大きくすることができます。一般的には断面積の大きな電線を使用し、銅のバーに接続します。銅のバーはアースバーやブスバーと呼ばれます。

参考文献
http://t-sato.in.coocan.jp/terms/shield.html
http://www.gxk.jp/elec/musen/1ama/H14/html/H1408B01_.html
http://energy-kanrishi.com/shield/

シールドケーブルのメーカー情報

シールドケーブルのメーカー11社一覧


シールドケーブルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 住友電気工業株式会社
  2. 2 平河ヒューテック株式会社
  3. 3 坂東電線株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社ワイテック
  2. 2 Link S.r.l.
  3. 3 カナレ電気株式会社

歴史のある会社

  1. 1 住友電気工業株式会社
  2. 2 金子コード株式会社
  3. 3 平河ヒューテック株式会社

シールドケーブル6選

AWG26シールド付ツイストペア多心ケーブルSPMCシリーズ

金子コード株式会社 AWG26シールド付ツイストペア多心ケーブルSPMCシリーズ 画像出典: 金子コード株式会社公式サイト

特徴

①優れた柔軟性によるスマートな配線レイアウトが可能!
可動ケーブルにも使用される細径軟銅線(30/0.08)を固定用に使用。さらに絶縁体やシースには樹脂メーカーと協同で開発したオリジナルの柔らかい樹脂を使用することにより「しなやかさ」「柔らかさ」を兼ね備えたケーブルです。

②11色の豊富な心線色で誤配線防止!
ドットマークやナンバリングに比べ、豊富な心線色、さらに360°どこから見ても識別可能なリングマークを用いる事で誤配線防止に効果があります。

③優れた耐ノイズ性能、信号特性!
心線をツイストペア(対撚り)にし、編組シールドを施すことにより耐ノイズ性能、及び信号特性に優れます。ドレイン線が入っているためシールドの処理が容易にできます。

金子コード株式会社の会社概要

製品を見る

超高真空対応カプトン絶縁被覆電線

有限会社ワイテック

特徴

シールドケーブル超高真空対応カプトン絶縁被覆電線は、高真空や超高真空状態に対応した、カプトン絶縁被覆タイプの熱電対線のことです。

D-subに接続対応した熱電対圧着ピンや、熱電対やヒーターへの複合導入端子が端子があり、豊富な熱電対のタイプに対応していることが特徴です。

主な用途として、温度測定や温度制御のための部品として、高真空や超高真空状態でも用いることができます。

主な仕様として、カプトンは超高真空に対応しており、260度までの温度に耐熱することができます。

有限会社ワイテックの会社概要

  • 会社所在地: 東京都狛江市和泉本町1-2-8 ウィスタリア狛江ビル3F
  • URL: http://www.vytek.co.jp/
  • 創業: 2004年

製品を見る

ETFE-1SJ単線導体ETFE1心編組シールド線

日興電線株式会社

特徴

シールドケーブルETFE-1SJシリーズは、単線導体の1心編組のシールドケーブルです。

仕上げ外径が1.8ミリから2.8ミリと、非常に細いシールドケーブルであることが特徴で、主な仕様としては、標準長200メートルで、定格温度105度、定格電圧600ボルトとなっており、ULVW-1の燃焼試験にも合格しています。

外径が細い特徴を生かして、主な用途として、電子電機機器類の内部における配線に使用されています。

日興電線株式会社の会社概要

製品を見る

051Z1-K 固定配線用シングルコア

日合通信電線株式会社

特徴

シールドケーブル051Z1-Kシリーズは固定配線用シングルコアのシールドケーブルです。

グローバル規格や環境規制に対応した製品で、ハロゲン系物質を一切含まないハロゲンフリーであることで、燃焼時に有害物質が出ないなど、アウトガス対応をしていることや、ISO14001を取得していることなどが特徴です。

1心のシングルコアケーブルで、同地を絶縁体で覆った構造をしています。

主な用途として、固定配線用に使用することが出来ます。

日合通信電線株式会社の会社概要

製品を見る

インタフェイスケーブル

平河ヒューテック株式会社

特徴

シールドケーブルのVMシリーズは、デジタル信号を扱う電気電子機器に対応したインターフェイスケーブルです。

超小型丸型コネクタ一体成型品として、ビデオカメラの接続端子に対応しています。

スクリューロック方式の他に、ワンタッチ方式のプッシュプルロック機構があるため、素早く挿抜することができる点や、ヒロセ電機(株)社製品のコネクタを使用して、PVC一体成形処理を独自に行っている点が特徴です。

超小型丸型コネクタケーブルとして、CCDカメラやビデオカメラなどの小型機器を接続する用途で使用することが出来ます。

平河ヒューテック株式会社の会社概要

製品を見る

MVVS

富士電線工業株式会社 MVVS 画像出典: 富士電線工業株式会社公式サイト

特徴

シールドケーブルMVVSシリーズは、マイクロホン用のビニルコードで、JCS認証区分に準拠したシールドケーブル製品です。

導体をビニル絶縁体、スパイラル、ビニルシースで保護した構造になっており、シングルよりも多い場合は、複数のケーブルを押え巻テープでまとめて編組しています。

1心から30心まで対応しており、ビニル絶縁体の色で識別しています。

主な用途として、小勢力回路や60ボルト以下の弱電流回路の通信機器などにおける配線に使用することが出来ます。

富士電線工業株式会社の会社概要

製品を見る

シールドケーブルのオンライン購入


アズワンでチェック

シールドケーブルの中古品


株式会社ハードオフコーポレーションでチェック

関連記事

カテゴリから探す