昭和電線ケーブルシステム株式会社
古河電気工業株式会社
住電日立ケーブル株式会社

【2021年版】CVケーブル メーカー4社一覧

CVケーブルのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


CVケーブルとは

水検出センサーとは、水分子に吸収される長波長の光を使用して、水を検出するセンサーです。

一般的な光電センサーでは、液体を検知・検出することは可能ですが、透明な水では光が透過すると同時に光の減衰量が非常に小さく検知することが困難であり、色のついた水や色の濃度が異なる水などでも減衰量が変わるため、更に検知が困難になります。

一方、この水検出センサーは、水分子に吸収される長波長の光を使用することで、透明な水、色のついた水、色の濃度が異なる水でも検知できることが特徴です。

CVケーブルの使用用途

水検出センサーは、一般的な光電センサーの液体検知とは異なり、水分子に吸収される長波長の光を使用して、水を検出するセンサーであることが特徴なため、水を検出する用途で利用されています。

また、霧状の水でも安定して検出できることから、水を使用する生産現場や生産環境でのスプレーによる水洗浄の監視、貯水タンクの液面検出や液面レベルの検出、ペットボトルやガラスなどの透明容器に液が充填されているかを検出するなど、さまざまな水検出の用途で利用されています。

CVケーブルの原理

一般的な光電センサーは、水分子によって光を反射や拡散しながらも液体を検知・検出することは可能ですが、透明な水では光が透過すると同時に光の減衰量が非常に小さく検知することが困難であり、色のついた水や色の濃度が異なる水などでも減衰量が変わることで更に検知が困難になります。

一方、水検出センサーは、光電センサーと同様に投光側、受光側のセンサーで構成され、水分子に吸収される長波長の光には、主に1.45um(1450nm)の赤外光が用いられることが特徴です。

この水分子に吸収される長波長の光を水検出センサーに使用することで、透明な水、色のついた水、色の濃度が異なる水でも水分子に光が吸収し遮光されるため、安定して水を検知することができます。この水検出センサーの特徴から、光電センサーでは誤動作しやすい水滴や気泡、小さな気泡が蓄積した泡などの液-成分に水が使用されている場合、同様に水分子に光が吸収し遮光されるため、安定して水を検知することもできます。

参考文献

https://electric-facilities.jp/denki6/cv.html

https://www.hashimoto-kosan.jp/denryu/cv/

https://www.denzai-net.jp/technical/den_technical_d-05.html

CVケーブルのメーカー情報

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

CVケーブルのメーカー4社一覧


CVケーブルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 古河電気工業株式会社
  2. 2 昭和電線ケーブルシステム株式会社
  3. 3 株式会社フジクラ・ダイヤケーブル

設立年の新しい会社

  1. 1 昭和電線ケーブルシステム株式会社
  2. 2 株式会社フジクラ・ダイヤケーブル
  3. 3 住電日立ケーブル株式会社

歴史のある会社

  1. 1 古河電気工業株式会社
  2. 2 住電日立ケーブル株式会社
  3. 3 株式会社フジクラ・ダイヤケーブル

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree