株式会社池田理化
株式会社堀場製作所
株式会社テストー
東亜ディーケーケー株式会社
日機装株式会社

【2021年版】PH計5選 / メーカー11社一覧

PH計のメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


PH計とは

PH計

pHは水質を表す指標の一つです。pHが高いとアルカリ性、pHが低いと酸性、pHが7に近いと中性を表します。例えば水道水は中性、炭酸水や胃酸は酸性、石灰水やせっけん水などはアルカリ性に分類されます。

簡単な測定方法としてはリトマス試験紙による測定があります。これを比色法と呼びます。ただしpHを数字で(デジタルで)知るためにはpH計が必要になります。pH計は主に硝子電極を用いているものが多いです。これを硝子電極法と呼びます。

PH計の使用用途

主に燃焼を行うゴミ焼却場、ボイラー、火力発電などでのpH測定、建設土木工事やコンクリート工場での工場排水放水時のpH測定などで用いられます。またpH計を設置しておくことで常時測定し、異常なpHにならないか監視する用途でも用いられます。

食品分野ではpHによって味や安全性が変化するものも多々あります。食品それぞれに適したpHがあり、適したpHでないと風味が損なわれたり、異物が混入してしまったりと問題が発生してしまいます。

PH計の原理

一般的な硝子電極法でのpH系は、硝子電極と比較電極の2種類を用いて測定します。この2つの電極の電位差を測定することでpHを測定することができます。

硝子薄膜の内外にpH差が発生しているとその差に応じた電位差が発生します。理論上では、25℃の溶液においてpH差が1あれば起電力は約59mV発生します。硝子電極の中の液は通常pHが7の液を用いるため、起電力を測定することで測定対象のpHが分かります。

上記の様に起電力を測定するには、対比となるもう1本の電極が必要となります。これを比較電極と呼びます。電位が比較的安定した電極を用いているのが特徴です。

pH測定を行うにあたり、必ず標準液を用いた校正を行う必要があります。標準液には緩衝液が用いられます。JISにより決められた5種類の標準液が存在します。シュウ酸塩、フタル酸塩、中性リン酸塩、ホウ酸塩、炭酸塩の5種類です。pH差が1で約59mVと小さな電位差ですので、まずこれら標準液を用いて校正を行うことでpH差による起電力を測定する際に正確に測定することができます。 

PH計の電極

一般的にpH計は、電極と温度補償用の温度センサで構成されています。電極にはガラスが用いられ、このガラス電極と比較電極の電極を用いて、この2本の電極間に生じた電位差を測定することで、pHを確認します。

pH計の測定電極は、過去、白金/水素電極が用いられてきました。一方で、この電極は一般的には使用されておらず、一部、高精度の測定結果を得るための参照電極として使用されています。

現在、多様化している被測定溶液に対応するために、ガラス電極が考案されました。ガラス電極は、pH感度を持つガラス膜内に内部緩衝液を封入し、内部導通用電極を通り、電位を測定します。また、外側の電極管は高い耐アルカリ性をもち、ガラス膜の持つ電気抵抗に比べ数倍の抵抗を持つことが要求されます。

pH計は、ガラス電極(測定電極)と参照電極が対となって、2本の電極を用いて測定するのが多かったのですが、測定電極と参照電極が1つに組み合わされた複合電極が考案され、多くの場で使用されています。

複合電極では、測定電極の外側に同心円状で参照電極が付いている構造となっています。

PH計での土壌測定

作物を育てる際に、土壌のpHを確認し、酸性側か、アルカリ性側かを確認する必要があります。

例えば、茶はpHが5で酸性、ジャガイモはpHが6で弱酸性、ほうれん草はpHが7で中性というように各作物で土壌中のpHの領域が異なります。

ただし、土壌のpH測定は難しく、溶液のようにガラス電極を地面に刺すこができません。

土壌のpH測定としては、農林水産省がマニュアルを作成し、指示薬を使用した簡易測定法があります。

これは、採取した土壌を自然乾燥させ、水道水と混ぜます。5-10分ほど静置し、上澄液を採取して、指示薬を滴下します。検水の発色を読み取り、対応するpHを確認します。

なお、これ以外に、ポータブルのpH測定器もあり、直接地面に刺して、対象となる土壌のpHを測ることも可能になってます。

参考文献
http://www.fkk-net.co.jp/pc/contents19.html
https://www.horiba.com/jp/application/material-property-characterization/water-analysis/water-quality-electrochemistry-instrumentation/the-story-of-ph-and-water-quality/the-story-of-ph/measurement-of-ph-in-many-fields/foods-medicines-cosmetics-and-medical-care/
https://www.horiba.com/jp/application/material-property-characterization/water-analysis/water-quality-electrochemistry-instrumentation/the-story-of-ph-and-water-quality/the-basis-of-ph/measuring-ph-using-a-glass-electrode/
https://www.horiba.com/jp/application/material-property-characterization/water-analysis/water-quality-electrochemistry-instrumentation/the-story-of-ph-and-water-quality/the-basis-of-ph/measuring-ph-using-a-glass-electrode/reference-solution/
https://www.tactec.co.jp/download/hamilton_dl/hamilton_pH_info_1.pdf
https://www.toadkk.co.jp/support/useful/useful05.html
https://www.toadkk.co.jp/support/useful/useful03.html
https://www.suzuken-ltd.co.jp/choose/soil/

PH計のメーカー情報

PH計のメーカー11社一覧


PH計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社堀場製作所
  2. 2 日機装株式会社
  3. 3 東亜ディーケーケー株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社佐藤商事
  2. 2 株式会社吉野計測
  3. 3 株式会社富士化学計測

歴史のある会社

  1. 1 株式会社池田理化
  2. 2 富士精密電機株式会社
  3. 3 東亜ディーケーケー株式会社

PH計5選

サトテック Bluetooth対応防水pHメーター HJ-PH60-Z

株式会社佐藤商事 サトテック Bluetooth対応防水pHメーター HJ-PH60-Z 画像出典: 株式会社佐藤商事公式サイト

特徴

サトテック Bluetooth対応防水pHメーター HJ-PH60-Zは、Bluetoothを搭載しており、スマートフォンやタブレットに測定データを送信可能なPH計です。スマートフォンなどに収集したデータはPCにCSV出力できるので、手動入力と異なりヒューマンエラーのリスクが抑えられています。

IP67規格に準じた防水機能が備わっており、水没による故障の心配がありません。軽量でコンパクトなタイプであり、水耕栽培工場や養殖場・プールなど、測定を行う現場への持ち運びが簡単です。

株式会社佐藤商事の会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県川崎市中原区小杉町1丁目403番地 武蔵小杉タワープレイス5階
  • URL: https://ureruzo.com/
  • 創業: 2002年
  • 従業員数: 40人

製品を見る

testo 206-1 - 液体用pH計

株式会社テストー testo 206-1 - 液体用pH計 画像出典: 株式会社テストー公式サイト

特徴

testo 206-1 - 液体用pH計は、飲料・熱湯などをはじめとする液体全般の測定に適した、温度計一体型の高機能PH計です。温度計を内蔵したことで正確な温度補正を実現しており、測定結果の信頼性が向上しています。

プローブの保存にはゲル状の比較電極液を使用しているため、キャップから液がこぼれる心配はありません。付属のプロテクターを装着すると水や衝撃から本体を保護できるので、さまざまな使用環境での測定に対応可能です。

株式会社テストーの会社概要

製品を見る

HM-42X

東亜ディーケーケー株式会社 HM-42X 画像出典: 東亜ディーケーケー株式会社公式サイト

特徴

HM-42Xは、オプションの電極を利用することでORPや各種イオンの測定も行うことができるなど拡張性に優れたPH計です。上水道や食品産業・水族館など、さまざまな場所における測定で活躍しています。

2000検体分のデータ記録機能・標準装備のUSBポートを用いたPC接続機能など、データを取り扱いやすくする機能が充実しているのが特徴的です。別売のターンテーブル「TTT-710」に接続することにより自動測定を行えるため、検体数が多いユーザーに適しています。

東亜ディーケーケー株式会社の会社概要

製品を見る

pH計9794型

日機装株式会社

特徴

pH計9794型は、主にボイラプラントや純水製造システムで利用される、溶液のオンライン連続測定に特化したPH計です。実装されている温度補償機能は5種類と豊富であり、あらゆる測定対象溶液に対して正確な測定を行えるように設計されています。

電極出力が安定しているかをチェックする機能が備わっており、標準液校正における個人差が生じません。任意の上下限値を設定できる警報機能が標準装備されていることも特徴的です。

日機装株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー22階
  • URL: https://www.nikkiso.co.jp/
  • 創業: 1953年
  • 従業員数: 2,044人

製品を見る

PHC-5B

富士精密電機株式会社

特徴

PHC-5Bは、測定方式としてガラス電極方式を採用した、パネル取付けタイプのPH計です。上限値および下限値をあらかじめ設定しておくと測定値が設定値に達した場合に警報で知らせる機能があり、継続的な監視を行うケースで利用されています。

測定値はアナログ方式で表示されますが、警報設定値についてはデジタル表示が採用されており容易に確認が可能です。電源電圧はAC90Vから240Vと対応範囲が広いため、電源の確保に困ることはありません。

富士精密電機株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す