株式会社エー・アンド・デイ
シンワ測定株式会社

【2021年版】厚み測定器5選 / メーカー5社一覧

厚み測定器のメーカー5社・6製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


厚み測定器とは

厚み測定器

 

厚み測定器は、対象物の厚みを測定するための機器です。厚み測定器はフィルム状の薄膜から金属板やケーブルのような円形、また他の測定器が使用できないようなものでも測定できるものが存在します。

厚み測定器の使用用途

厚み測定器は対象物の厚みを非破壊で連続的に正確に測定することを目的に利用されます。 厚み測定器は、主に3つのタイプに分類でき、対象物の形状や材質によって、適した測定方法のものを選ぶ必要があります。 厚み測定器の使用例をご紹介します。

  • 鉄鋼メーカー:圧延の板厚測定
  • 製紙メーカー:紙の坪量測定
  • 化学メーカー:フィルムやシートの膜圧測定

厚み測定器の原理

ここでは厚み測定器の原理について説明します。 厚み測定器は、測定器の基準面から対象物までの距離の演算(相対値測定)、または対象物の表面と裏面へのアプローチによる差分の検出から演算(絶対値測定)を行うことで厚みを算出するものです。 厚み測定器の測定方法にはいくつかの種類があります。 手っ取り早く測定できる接触タイプ、光を当てることで非破壊測定が可能な'非接触タイプ'があります。

1.接触タイプ 接触タイプは、対象物に直接当てて測定する測定器です。安価、手軽で目視しやすいなどのメリットがありますが、対象物の破損や変形による誤差などに注意が必要です。

  • ノギス:長さや外径、内径、深さ、段差を測定できる部位を持つ測定器で、本尺、副尺と呼ばれる目盛がついています。アナログ、ダイヤル、デジタルのものがあり、値の確認が容易なデジタル式が広く普及しています。 厚みはジョウをスライドさせて開き、対象物をゆっくり挟み込んで数値を確認します。
  • 超音波:対象物に当てた超音波の伝播時間をもとに対象物の厚みを計算する測定器です。 原理としては探触子(プローブまたはトランスデューサー)と呼ばれるセンサーを対象物の表面に接触させ、センサーから発信した超音波が対象物の反対面で反射し、探触子に戻ってくるまでの伝播時間を計測し、厚みを算出します。 厚みD = 1/2 * 対象物の音速c * 伝播時間t ※伝播時間は往復であるため、1/2で片道つまり対象物の厚みを求めます 一般的な伝播時間の測定方法としては、パルス・エコー方式(ゼロ点・第1回底面エコー方式)というやり方があります。対象物の表面状態が悪いもの、厚物、湾曲部なども測定可能ですが、塗装面の測定に関しては正確な厚みより大幅に増えてしまう傾向があるため適していません。 原理上、超音波が気泡内部を通過できない発砲スチロールのような素材や、超音波が減衰してしまい受信できないゴムなどは測定することができません。 また、空気の層は音響抵抗を持ち、探触子と対象物間の超音波の伝播を阻害します。超音波の伝達効率を良くするために、接触触媒(カプラント)と呼ばれる専用の液体を探触子と対象物の間に塗布し、空気の音響抵抗を極力無くす必要があります。

2.非接触タイプ 非接触タイプは、対象物に直接触れずに測定する測定器です。比較的大掛かりな装置になりますが、対象物を傷つけることなく測定が可能です。

  • 赤外線式:赤外線が特定の物質を透過する性質を利用して絶対値としての厚みを測定します。 対象物に赤外光を照射すると、対象物表面と裏面でそれぞれ反射します。これらの反射光をプローブで受光し、反射光の時間差(干渉差)から厚みを計算します。 ・放射線式:放射線の対象物への吸収量を測定して厚みを算出します。対象物の色調に影響を受けないため、多くの製品に対応しています。 放射線を対象物に照射し、物体への吸収量(減衰量)を測定し、厚みに換算します。 放射線の種類としてはα線、β線、γ線、X線などがあり、対象物に応じて適したものが選択されます。 α線:高分子薄膜 β線:金属薄膜、ゴム、プラスチックなど γ線/X線:金属板、人体など 対象物に放射線を照射し、通過した放射線が電離箱に到達すると電流増幅アンプを通じて測定データを演算し、厚みに変換しています。
  • レーザ変位センサ式:1台ないし2台のレーザ変位センサで対象物の距離を測定することで相対値としての厚みを算出します。 対象物に上下方向から光を照射し、基準面(ゼロ点)からの距離を測定することで厚みを算出します。 原理としては上下それぞれの基準面から対象物表面までの距離を測定し、基準面間の距離から引くことで対象物の厚みを算出します。 厚みD = 基準面間距離d0 - (基準面上〜対象物表面までの距離d1 + 基準面下〜対象物表面までの距離d2)

参考文献
https://www.jemima.or.jp/tech/6-04-02-01.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sicejl1962/12/9/12_9_709/_pdf/-char/ja

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

厚み測定器のメーカー情報

厚み測定器のメーカー5社一覧


厚み測定器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ミツトヨ
  2. 2 株式会社エー・アンド・デイ
  3. 3 シンワ測定株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エー・アンド・デイ
  2. 2 シンワ測定株式会社
  3. 3 株式会社テクロック

歴史のある会社

  1. 1 株式会社尾崎製作所
  2. 2 株式会社ミツトヨ
  3. 3 株式会社テクロック

厚み測定器のカタログ一覧(1件)

Metoreeに登録されている厚み測定器のカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

株式会社エー・アンド・デイのカタログ



厚み測定器5選

用途別 ダイヤルシックネスゲージ (厚み測定器) 0.01mmタイプ

株式会社尾崎製作所

特徴

用途別 ダイヤルシックネスゲージ (厚み測定器) 0.01mmタイプは最小メモリが0.01mm、測定可能範囲が0~10mmが基本仕様となっていて、測定物により適したもの8タイプの中から選択できます。

測定力初圧0.4N以下の紙、フィルム、軟性ゴムなどの柔らかい素材の測定に適したタイプや測定力終圧2.4N以下の皮革、硬いゴムなどの測定に適したタイプ、Φ20、Φ30といった径の大きい測定子を利用することでウレタン、織物、布などの測定に適したタイプなどがあります。

測定深さは20mmのタイプと広面積のワーク中央部も測定可能な120mmタイプがあります。

株式会社尾崎製作所の会社概要

製品を見る

7・547シリーズ シックネスゲージ

株式会社ミツトヨ

特徴

7・547シリーズは最小表示量0.01mmの標準タイプ、最小表示量0.001mmの高精度タイプ、メモリ表示方法がデジタル式とアナログ式など、用途によって豊富なバリエーションから選択可能な厚み測定器のラインアップです。

広い面積の板形状に対して広範囲の測定を可能とする差し込み深さ120mmのタイプもあります。

測定子・アンビルは標準仕様がΦ10フラットで高精度タイプはΦ6.3フラットで超硬仕様になっています。

高精度タイプの指示誤差は±3μm、標準タイプでも±20前後となって非常に高精度かつ高品質な厚み測定器です。

株式会社ミツトヨの会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県神奈川県川崎市高津区坂戸1-20-1
  • URL: https://www.mitutoyo.co.jp/
  • 創業: 1934年
  • 従業員数: 5,371人

製品を見る

シックネスゲージ

株式会社テクロック

特徴

最小メモリは0.01mmと0.001mmのタイプがあり、メモリの表示方式はアナログ式、デジタル式など、用途によって様々な仕様の中から選択することができます。

厚みの大きいワークの測定にも対応した最大厚50mmタイプもあります。

昇降レバーを押すことで測定子が上昇する構造となっているため、容易に測定することができ、手にフィットするフレーム形状を採用しているため操作性に優れています。

差し込み深さ200mmと非常に広範囲の厚さを測定することが可能な仕様もあります。

株式会社テクロックの会社概要

製品を見る

超音波厚さ計 AD-3255

株式会社エー・アンド・デイ 超音波厚さ計 AD-3255 画像出典: 株式会社エー・アンド・デイ公式サイト

特徴

超音波厚さ計 AD-3255は超音波パルス反射方式を採用することで金属、ガラス、プラスチック、セラミック、エポキシなどの幅広い素材に対して、0.8~300mmという広範囲にわたり厚み測定が可能です。

表示分解能は0.01mmで用途によっては0.1mmに切り替えることも可能であり、広範囲の厚さをスキャンすることで最小厚さを測定するスキャンモードも備わっています。

塗装が施されたワークに対しても測定が可能なエコー・エコーモードが搭載されていて、塗装やコーティング層を取り除いた厚さを測定できます。

株式会社エー・アンド・デイの会社概要

  • 会社所在地: 東京都豊島区東池袋3丁目23番14号
  • URL: https://www.aandd.co.jp
  • 創業: 1977年
  • 従業員数: 2,633人

製品を見る

デジタルシックネスキャリパー

シンワ測定株式会社 デジタルシックネスキャリパー 画像出典: シンワ測定株式会社公式サイト

特徴

デジタルシックネスキャリパーは最小読取値0.01mm、指示誤差±0.02mm、測定範囲0~10mmの厚み測定器です。

表示はデジタル式を採用し、文字高さ12mmの大きい液晶を設定しているため読み取りやすく、ゆったりサイズのハンドルがついているため、操作性に優れています。

ZEROセットスイッチを搭載しているため、絶対値の測定のみならず、基点を定めた相対的な測定も可能です。

約5分で自動的に電源がオフになるオートパワーオフ機能が搭載されているため不要な電力消費を抑えます。

シンワ測定株式会社の会社概要

製品を見る

厚み測定器の6製品一覧

関連記事

カテゴリから探す