【2021年版】喰い切り メーカー2社一覧

喰い切りのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


喰い切りとは

喰い切り(End nipper)は配線や針金をきれいに切断できるニッパーの一種で、刃がハンドルに対して直角になっており、
釘の頭を切れるタイプのニッパーのことです。喰い切りニッパー、またはエンドニッパーとも呼びます。

喰い切りニッパーは奥まった箇所での切断に最適なニッパーで、釘の頭や鉄線、ステンレス線、真鍮線、銅線など金属線を切断し、
切断面を平面に作り出すために使用されます。

先端部の刃渡りの長さや形、刃部の硬度、切断能力、本体とグリップ部分の材質、ばねの有無、大きさなど多様なスペックのものがあるので、
作業内容に 応じたものを選ぶ必要があります。

喰い切りの使用用途

喰い切りはクラフト、木工、DIY、アパレル業界、靴や鞄の製作、家具制作、建築現場など広い分野で主に切断の用途に使われています。

具体的な使用例は以下の通りです。

  • プラスチックのピンゲートの処理
  • 模型組立や藤細工の突起物切断、
  • 密集した箇所・奥まった箇所での切断
  • 電子部品やリード線の切断
  • 模型のビスの余った箇所の切断
  • アルミ板の切り欠き
  • ハリガネの切断、締付
  • 壁面に突起している釘などの切断
  • ステンレス鋼線の切断
  • ワイヤーをねじる作業

    その他、チェーンを切ったり、バネホックやカシメ、ハトメを外したり、ファスナーの長さを調整するのにも使えます。

喰い切りの原理

食い切りの刃は持ち手に対して垂直で、刃先はくさび型になっているので、突起物の切断に最適です。
力を入れて刃を閉じたとき、お互いがぶつかってすぐに潰れないように切れ刃と受け刃の2つでできています。
左右合わせた一般的な二枚合わせと違い、三枚合せ構造のエンドニッパーは本体を挟み込むので長期間使い込んでもガタが生じないメリットがあります。

素材としては特殊合金鋼が使われており、刃部には高周波焼入れをしていて、硬度は 58~64HRCの物が一般的です。

エンドニッパーの刃は厚みや幅、先端の長さによって様々です。
刃が支点に近い偏芯構造のものは先端の長さが短くて、力が入りやすく軽い力でも切断できるメリットがあります。
薄いフラットタイプの刃は切り口が山なりにならず断面に突起が残らないメリットがあります。

食い切りの切断能力は銅線やプラスチック などの素材別に切れる径を数値で表示するので数値を参考にして選ぶ必要があります。

参考文献
https://www.muromoto.co.jp/merry/merry_category/nippers
https://www.tsunoda-japan.com/nippers_slant.html#end
https://www.hozan.co.jp/catalog/tools/N-36.html
http://varimodi.sub.jp/?p=2445

喰い切りのメーカー情報

喰い切りのメーカー2社一覧


喰い切りのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 フジ矢株式会社
  2. 2 株式会社諏訪田製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社諏訪田製作所
  2. 2 フジ矢株式会社

歴史のある会社

  1. 1 フジ矢株式会社
  2. 2 株式会社諏訪田製作所

関連記事

カテゴリから探す