京セラ株式会社
カネテック株式会社

【2021年版】真空チャック メーカー8社一覧

真空チャックのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


真空チャックとは

真空チャックとは、真空によって生じた負圧により物体を吸着する技術です。バキュームチャックと呼ばれる場合もあります。

真空チャックを行うための装置の多くはテーブル状であり、表面には内部の真空と繋がる小孔が複数設けられており、これらの小孔部分で物体を吸着します。

空気を通さない平面を有する物体であれば吸着が可能であるため、磁性材料のみをチャック可能である磁石を使用するチャック方法よりも多くの種類の材料に対して使用することができます。

真空チャックの使用用途

真空チャックは物体を吸着することで、材料や製品に対して研磨や梱包などの作業を行う際に固定するために使用されます。

物理的な固定を行うことのできない繊細な精密部品や衛生管理が重要な食品の容器、またマグネットチャックを使用することのできないステンレス、アルミなどの非磁性材料や磁場により故障する可能性のある電気素子などの吸着に使用されています。

特に、力を加えると破損しやすく、ほこりなどが付着しないようクリーンルームで扱われ、磁場により故障しやすい半導体材料の加工・塗工工程においては真空チャックが必須となります。

真空チャックの原理

真空チャックは、テーブル内部の空間を真空状態にすることによって、テーブル表面に設けられた小孔を通じて負圧により物体を吸着するシステムです。

物体底面がテーブル内部の真空空間と接触していると、物体は相対的に底面以外の面から大気圧による圧力を受けるため、物体をテーブルに押し付ける力が作用することでテーブルに吸着されます。真空状態を解除すると吸着力も解除されます。

真空状態を発生させる手段は真空ポンプを使用する方法が一般的ですが、工場内で供給されている圧縮空気を利用して真空エジェクタによって真空状態とする装置も使用されています。

真空ポンプや真空エジェクタの必要能力は吸着する物体の底面積や材質、必要な吸着力に依存するため、吸着する対象によってシステムの規模も異なります。

真空チャックをON/OFFする機能に加え、エアーブローによって物体を動かしやすくする機能や僅かな流量の空気を排出し続けることで小孔内への異物の混入を防止する機能を搭載した製品も展開されています。

参考文献
https://www.supertool.co.jp/products/products.php?eid=00265
https://www.nabeya.co.jp/search.php?action=Detail&Key=1101
http://www.newstrong.co.jp/air/octopus/octopus1.htm

真空チャックのメーカー情報

真空チャックのメーカー8社一覧


真空チャックのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 京セラ株式会社
  2. 2 黒崎播磨株式会社
  3. 3 株式会社ナベヤ

設立年の新しい会社

  1. 1 モリシン工業株式会社
  2. 2 株式会社吉岡精工
  3. 3 京セラ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 西村陶業株式会社
  2. 2 黒崎播磨株式会社
  3. 3 株式会社ナベヤ

関連記事

カテゴリから探す