トラスコ中山株式会社

【2021年版】ねじ切り機 メーカー5社一覧

ねじ切り機のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ねじ切り機とは

ねじ切り機

ねじ切り機は配管にねじ山を切る目的で使用されます。

基本的に配管を使用する際には必要な長さに切断しますが、この際にねじ山が無いためにねじ山を作る必要があります。この際にねじ切り機が使用されます。

ねじ切り機と似たような器具にねじ切りダイスがありますが、こちらは小さな配管の加工に使用されます。大口径のパイプですと非常に強い力が要りますので、ねじ切りダイスを人間の力で回してもねじ山を作ることは難しいので、専用のねじ切り機が必要になります。

ねじ切り機の使用用途

工事現場では水道管、ガス管、電線管など様々な用途で配管を使用します。これらの配管の接続には配管にねじ山を切って接続用のコネクタにねじ込むことで接続される場合が大半です。配管に直接ねじ山を切って締め込んでしまえば接続した際の強度は非常に高いので、安定した施工に適した方法となっています。

ステンレス製の配管は非常に硬く耐腐食性も高く安価ですのでよく使用されていますが、加工が難しいという難点があります。このような加工の際にねじ切り機が使用されています。

ねじ切り機は手動と電動の両方がありますが、電動の方が加工が速く便利ですのでよく使用されています。手動のねじ切り機はメインに使用されるよりもどちらかと言うと電気が無い場所で加工する場合のバックアップとして使用されています。

ねじ切り機の原理

ねじ切り機は一般的にチェーザーが装着されたダイヘッドと配管固定部分からなります。チェーザーは刃のことで、このチェーザーにより配管表面が削られることでねじ山が形成されます。

一方で、チェーザーを使用しない転造ローラータイプのねじ切り機もあり、こちらは配管表面を削ることでねじ山を作るのではなく、配管の表面に転造ローラーを強く押し付けることで配管表面が変形してねじ山が形成されます。この転造ローラータイプは配管表面の肉が失われないために配管の接続強度がチェーザータイプよりも高いという特徴がありますが、値段も高くなります。

チェーザーを使用する際に気をつけなければならないことは、切削オイルを使用することです。オイル無しではチェーザーを傷めてしまい、チェーザーの寿命を速めてしまいます。また、配管の素材によってもチェーザーを使い分ける必要がありますので、余計な消耗を避けるために使用する前にしっかりと確認することが大切です。

参考文献
https://www.bildy.jp/mag/pipemachine-guide/

ねじ切り機のメーカー情報

ねじ切り機のメーカー5社一覧


ねじ切り機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 アサダ株式会社
  3. 3 レッキス工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 アサダ株式会社
  3. 3 原田工業所株式会社

歴史のある会社

  1. 1 レッキス工業株式会社
  2. 2 原田工業所株式会社
  3. 3 アサダ株式会社

関連記事

カテゴリから探す