株式会社マグナ

【2021年版】磁束密度計 メーカー6社一覧

磁束密度計のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


磁束密度計とは

磁束密度計は別名テスラメーターと呼ばれる

磁束密度計は単位面積あたりの磁束の量と向きを測定する装置です。以前はガウスメーターとも呼ばれていましたが、磁束密度の表記をSI単位系に従ってテスラで表すことになったため装置もテスラメーターと呼ぶことが多いです。

各場所の磁束密度を測定する装置

磁束密度計は測定対象の各場所の磁束密度の測定や、磁石などの磁力を持ったサンプルから離れた各点の磁束密度の測定などに用いられます。磁石など磁力を扱う製品においては磁力の強さや向きは製品の品質に関わる物性値であるため磁束密度の評価は重要です。

磁束密度計の使用用途

磁束密度は複数点で測定する

磁束密度計は永久磁石や電磁石などの磁力を扱う製品の評価に用います。ある一点だけではなく、複数点で磁束密度を検査することが多いです。またコイルなどの磁気回路からはみ出た漏洩磁束の測定にも用いられます。

金属製品の残留磁気の確認でも利用

また鋼材などの磁性体を加工、整形する過程で磁場を帯び、その磁場が最終的な製品に残留すると様々な不具合を引き起こしたり、周辺の装置の故障を引き起こすことがあります。磁束密度計はこのような製品の残留磁気の測定にも用いられます。

磁束密度計の特徴

磁束密度計はプローブ部分と解析部から成る

磁束密度計は磁気センサーが組み込まれている磁気プローブと磁束密度を計算、表示する解析部から成ります。磁束密度は大きさと向きを持つベクトル量であるため、実際に使用するときは様々な場所で磁束密度を測定します。持ち運べるタイプの磁束密度計もあり、これは加工整形後の製品の磁束密度の測定や残留磁気の測定に用いられます。

電気回路周りの漏洩磁束の検出も可能

磁束密度は磁力を利用した製品にとって重要な物性値です。特に永久磁石や電磁石では磁束密度は品質に関わります。その他、コイルや電気回路において磁場の発生は避けられない現象であるため、これらの電気回路でも磁束密度の測定が行われます。回路の周りでは磁場が発生しているため、回路の外でも漏洩磁束を検出することがあります。この漏洩磁束の測定にも磁束密度計は使用されます。

脱磁処理後の残留磁気測定も可能

その他、鋼材などの磁性体は製造プロセスで磁場を帯びることがあります。このような鋼材は脱磁処理を行っていますが、場合によっては磁気が残留する可能性もあります。磁束密度計はこのような鋼材の残留磁気測定にも用いられます。

参考文献
https://axel.as-1.co.jp/asone/d/61-8882-61/
https://www.keisokuten.jp/products/2612.html
http://ims-jp.com/column_a/

磁束密度計のメーカー情報

磁束密度計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 カネテック株式会社
  2. 2 株式会社マグナ
  3. 3 東洋磁気工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ディー・エム・ティー
  2. 2 株式会社マグナ
  3. 3 東洋磁気工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 カネテック株式会社
  2. 2 日本電磁測器株式会社
  3. 3 東洋磁気工業株式会社

磁束密度計のメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す