株式会社東陽テクニカ
株式会社シロ産業
株式会社アイエムエス

【2021年版】ガウスメーター メーカー5社一覧

ガウスメーターのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ガウスメーターとは

ガウスメーターとは、磁力の測定に用いられる計測機器です。

一般的に磁力は、ある場所における単位面積あたりの磁束の量を示す磁束密度によって定義されます。

測定したい場所や測定対象の種類によって、平板型プローブおよび円筒型プローブから形状と大きさを適切に選択して測定します。

環境磁力の測定、永久磁石の磁力測定と極の判別、自然界における地磁気測定、磁性材料の特性検査、科学研究など、幅広く活用されています。

テスラメーターも同じ原理で動作する計測機器です。

ガウスメーターの使用用途

一般的に下記の用途に利用されています。

  •  環境磁力の測定
  •  永久磁石の磁力測定とN/S極判別
  •  自然界における地磁気の測定
  •  磁性材料の特性検査
  •  そのほか磁性体や磁力に関係する科学研究

測定環境によりプローブを適切に選択して使用します。

測定プローブには、主に平板型と円筒型の2種類があり、平板型プローブは狭い隙間での測定や直線的な磁場の測定に適しています。一方円筒型プローブは小型コイルの磁力測定などに適しています。

ガウスメーターの原理

半導体に磁場を印加し、それに直行する方向で電流を流すと、磁場の大きさに比例して電流に直行する電圧が生じます。このような現象をホール効果と呼び、ホール効果が見られる物質はホール素子と呼ばれます。

ガウスメーターはこのホール効果を利用して磁力を測定する計測機器です。

ホール素子でできたプローブに一定量の電流を流し、測定したい箇所にプローブを設置したときに観測される電圧の大きさで磁力を測定します。

磁力とは一般的に、ある場所における単位面積あたりの磁束の量を示す磁束密度によって定義されます。

小型軽量のポータブル型と比較的大型の据え置き型があります。

ポータブル型は場所を選ばず測定が可能ですが、高い精度の測定には適切ではありません。

一方据え置き型は、測定場所がある程度限定されますが、高い精度で広いレンジにおける磁力測定が可能です。

プローブの形状とあわせて、測定場所や測定試料の形状、測定環境にあわせて適切な機種を選択して使用します。

参考文献

https://www.toyo.co.jp/files/user/img/products/material/pdf/7166_ext_06_0.pdf

https://ekuippmagazine.com/measuring/gauss-teslameter/

https://www.magnix.com/product/gauss_ads.htm

ガウスメーターのメーカー情報

ガウスメーターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社東陽テクニカ
  2. 2 株式会社アイエムエス
  3. 3 株式会社シロ産業

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ディー・エム・ティー
  2. 2 株式会社エーデーエス
  3. 3 株式会社シロ産業

歴史のある会社

  1. 1 株式会社東陽テクニカ
  2. 2 株式会社シロ産業
  3. 3 株式会社エーデーエス

ガウスメーターのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す