【2021年版】圧送ポンプ メーカー1社一覧

圧送ポンプのメーカー1社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


圧送ポンプとは

"液体や気体を吸い込み、目的の場所まで移送するためにポンプが利用されます。強制的な移送が可能であるため、高低差のない場所や、低い場所から高い場所への汲み上げ、あるいは高速移送が必要な際に活躍します。

すべてのポンプは、吸込口と吐き出し口との圧力差によって機能しており、この観点からいうとどのポンプも“圧送ポンプ”と分類可能ですが、特にトイレ排水や下水システム、杭立て作業やトンネル掘削工事の現場などで利用されるポンプの総称として用いられます。

圧送ポンプの使用用途

下記のような用途で用いられるものを総じて圧送ポンプと呼びます。

  •  一般家庭用トイレ排水システム
  •  高層ビル内給排水タンク間の上下水移送
  •  掘削現場における有毒ガスを含む掘削土の排出作業
  •  杭立て工事中の泥水汲み上げ作業
  •  汚水処理施設におけるろ過装置の駆動
  •  しゅんせつ工事における揚砂作業
  •  特殊な形式の燃料噴射装置
  •  水中投げ入れポンプ
  •  食品加工工場における材料等移送システム
  •  給油システム
  •  井戸を利用した上水給水システム

圧送ポンプの原理

ポンプの基本的な作動原理は概して共通で、いろいろなメカニズムを利用してポンプ内で圧力差を生み出すことにより、吸込みと吐出を繰り返して液体や気体を移動させます。この観点から、すべてのポンプは圧送ポンプとして分類可能です。

ポンプは構造上の特徴から、ポンプ内部のタービンを高速回転させるものと、ポンプ内部に設置されたコンパートメント内の圧力を変化させるものの二種類に大別されます。

最初の形式のものは非容積式ポンプと呼ばれ、低い圧力でも比較的多くの液体の移送が可能ですが、液体の性質によっては流速等の正確な設定が難しくなります。

二番目の形式のポンプは容積式ポンプと呼ばれ、吸込み圧、吐出圧とも高い圧力を維持でき、流速等の正確な設定が可能ですが、送液量が多くないのが特徴です。

圧送ポンプとは、現在では特にポンプの形式を特定する用語ではなく、さまざまなシステムや作業工程で利用されるポンプの総称として用いられます。

参考文献

https://astamuse.com/ja/keyword/220990

https://www.ipros.jp/cg2/%E5%9C%A7%E9%80%81%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97/

圧送ポンプのメーカー情報

圧送ポンプのメーカー1社一覧


圧送ポンプのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社シンテック

歴史のある会社

  1. 1 株式会社シンテック

関連記事

カテゴリから探す