【2021年版】トロコイドポンプ メーカー2社一覧

トロコイドポンプのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


トロコイドポンプとは

トロコイドポンプは、歯形がトロコイド曲線の、内歯車の外歯車が嚙み合うことによって、流体を輸送するポンプになります。トロコイド曲線は、大きな円の中を小さな円が回転して移動するときの、小さい円の円周上の1点の軌跡の曲線のことです。日本オイルポンプ株式会社の商標登録の製品です。一定の流量で流体を輸送することができます。トロコイドポンプが一定の回転数で動作している状況では、吐出し量と圧力が比例関係にあり、圧力が0の時は、吐出し量が最大になります。吐出し口を閉じた状態で動作させると、圧力が最大値となり、危機に大きな負担がかかるので、注意が必要です。

トロコイドポンプの使用用途

トロコイドポンプは、建設機器や産業機器、工作機械、商品工場における製造機械、環境設備、レジャー施設、船舶など様々な場所で使用されます。輸送する液体としては、揮発性の油やガソリン以外の、油圧システムや研磨剤などの油になります。トロコイドポンプの選定の際には、動作時の圧力、回転数、吐出し量、温度、輸送に対応している液体の種類などを考慮する必要があります。

トロコイドポンプの原理

トロコイドポンプの動作原理を説明します。トロコイドポンプは、円形のケージングに歯形がトロコイド曲線の2つの歯車、軸、軸受け、吸い込み口、吐き出し口などで構成されています。2つの歯車は、1つは内側に歯があり、円形のケージングに収まる歯車と、もう1つは、外側に歯があり、もう一方の歯車の内側に収まる歯車になります。内側の歯車の中央に軸が接続されており、動作時は回転します。

内側の歯車が回転すれば、歯車がかみ合い外側の歯車も回転しますが、外側の歯車は内側の歯車の回転速度よりも遅く回転します。その時、内側の歯車と外側の歯車の距離が短い部分では、歯がかみ合いますが、距離が長い部分では、体積が変化します。その体積変化によって、吸い込み口から流体を強制的に吸い込み、吐き出し口で流体を吐き出す様に作用し、ポンプとして機能します。

参考文献
https://nopgroup.com/jp/doctor/faq.html
https://sites.google.com/site/cinderellajapan/gao-xiao-shu-xue/baikaihensuu/trochoid
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsaeronbun/49/2/49_20184206/_pdf

トロコイドポンプのメーカー情報

トロコイドポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本オイルポンプ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社造型社
  2. 2 日本オイルポンプ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本オイルポンプ株式会社
  2. 2 株式会社造型社

トロコイドポンプのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す