産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社丸八ポンプ製作所
株式会社トーケミ
株式会社セムコーポレーション
共立機巧株式会社
INOX東栄株式会社

【2020年版】ケミカルポンプ メーカー7社一覧

ケミカルポンプのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ケミカルポンプとは

ケミカルポンプとは液体・気体を供給、移送する目的で利用されるポンプのなかで、特に酸やアルカリ溶液などの化学薬品、オイルのような高粘度液体、揮発性、腐食性等、特殊な性質の液体および気体を対象として利用されるポンプの総称です。

駆動方式の違いにより、手動式、エア式、電動式などの種類があります。

また工業プロセス、水処理プロセスなどの大規模施設で利用されるものから、家庭用の給油ポンプまでサイズも用途も様々ですが、耐圧・耐熱・耐蝕などそれぞれの使用条件に耐える仕様・構造になっています。

ケミカルポンプの使用用途

ケミカルポンプは下記のように多くの場所で利用されています。

ポンプの構造、大きさも使用用途にあわせて多種多様です。

  •  家庭用給油ポンプ(手動・電動)
  •  ガソリンスタンドの給油装置
  •  化学実験に使用する装置
  •  食品製造ライン
  •  医薬品製造ライン
  •  製紙工場
  •  染色工場
  •  メッキ工場
  •  化学プラント
  •  エッチング処理ライン
  •  電気部品・自動車部品等の表面処理工程
  •  上下水道施設
  •  汚水処理施設
  •  工場排水移送システム
  •  排ガス処理施設

液体・気体を外部に漏らさず安全に移送するだけでなく、必要な工程で正確に定量注入するなど使用目的も様々です。

ケミカルポンプの原理

基本的な作動原理はどのようなポンプでも共通で、“吸込み”→“吐出”の過程を繰り返すことで液体や気体を移送します。

“吸込み”は、ポンプ内に作られた“コンパートメント(小部屋)”内に真空状態を作り、大気圧を利用してコンパートメント内に液体・気体を移動させる過程です。

“吐出”は、コンパートメント内の液体・気体を出口に向かって押し出す過程です。

吸込み過程でコンパートメント内に真空状態を作り出すメカニズム、コンパートメント内に取り込んだ液体・気体を吐出するメカニズムはポンプの使用用途、大きさによって様々です。

ケミカルポンプは特に酸やアルカリ溶液などの化学薬品、オイルのような高粘度液体、揮発性、腐食性等、特殊な性質の液体および気体を対象として利用されるので、筐体やつなぎ目、吸込口、吐出口などすべての部分で用途にあわせた耐圧性、耐蝕性、耐熱性を備えた構造になっています。

特に揮発性の高い液体や気体を扱う場所に利用されるケミカルポンプは、スパークしない素材を使う、電気部品を使用しないなど、防爆構造が採用されています。

参考文献

https://www.iwakipumps.jp/blog/naruhodo/04/

https://www.as-1.co.jp/academy/8/8-1.html

https://www.labinox.co.jp/product3-32.html#:~:text=%E6%B6%B2%E6%BC%8F%E3%82%8C%E3%82%84%E8%96%AC%E6%B6%B2%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B,%E5%B9%85%E5%BA%83%E3%81%8F%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

ケミカルポンプのメーカー情報

ケミカルポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社トーケミ
  2. 2 株式会社丸八ポンプ製作所
  3. 3 株式会社ワールドケミカル

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社セムコーポレーション
  2. 2 株式会社ワールドケミカル
  3. 3 株式会社林化工機製作所

歴史のある会社

  1. 1 株式会社丸八ポンプ製作所
  2. 2 共立機巧株式会社
  3. 3 INOX東栄株式会社

ケミカルポンプのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す