株式会社三商
東京硝子器械株式会社
三洋テクノス株式会社
サーパス工業株式会社
オガワ精機株式会社
アトー株式会社

【2021年版】ローラーポンプ メーカー8社一覧

ローラーポンプのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ローラーポンプとは

ローラポンプは、伸縮性があり、復元力の高い特殊なチューブと複数の突起のついたローラーで構成されており、ローラーが回転し、突起でチューブを押し、チューブ内の流体を押し出すことによって、流体を輸送するポンプになります。チューブポンプホースポンプとも呼ばれています。流体をチューブ内の体積変化によって輸送するため、容積式のポンプに分類されています。スラリーなど、歯車式のポンプでは輸送しづらい流体を輸送することに適しています。

ローラーポンプの使用用途

ローラポンプは、医療機器や化学製品の工場、商品工場、石油製品の輸送などの場面で使用されます。スラリーなどの不純物が多く含まれている流体の輸送や、ポンプを変えることによって衛生面が保証される特性を生かせる場面で使用されます。ローラポンプの選定の際には、輸送量や脈動の少なさ、消費電力、衛生面、ローラポンプの輸送に適している流体かどうかを考慮する必要があります。

ローラポンプの使用例を以下に示します。

  • 人工透析のための血液の輸送
  • 石油製品のタンクへの輸送
  • 飲料水のペットボトルへの輸送

ローラーポンプの原理

ローラポンプの動作原理を説明します。ローラポンプは、チューブとローラー、ローラーを回転させるためのモータ、吸い込み口と吹き出し口で構成されています。チューブは、伸縮性があり、復元力の高いものが使用され、ローラーには、チューブを完全に密閉して回転する寸法の突起が付いています。吸い込み口と吹き出し口には、弁が付いている製品もあり、流量の調整などが行われます。

動作時は、ローラーが回転し、その突起がチューブを押し潰し、移動します。チューブ内の流体は押し出されるようにして、吹き出し口から輸送されます。突起によって押しつぶされ復元したチューブ内部は、真空状態になっており、その状態で弁を開くことによって流体がチューブに吸い込まれます。突起がチューブを変形させて押し出すように流体を輸送するため、チューブ内に流体が詰まりにくく、安定して輸送することができます。

参考文献
https://sanyo-technos.com/sp1/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tsj1973/29/1/29_1_33/_pdf/-char/ja

ローラーポンプのメーカー情報

ローラーポンプのメーカー8社一覧


ローラーポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社南出キカイ
  2. 2 東京硝子器械株式会社
  3. 3 サーパス工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 三洋テクノス株式会社
  2. 2 directindustry
  3. 3 サーパス工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 東京硝子器械株式会社
  2. 2 オガワ精機株式会社
  3. 3 株式会社三商

関連記事

カテゴリから探す