柴田科学株式会社
東京硝子器械株式会社
ヤマト科学株式会社

【2021年版】ロータリーエバポレータ メーカー11社一覧

ロータリーエバポレータのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ロータリーエバポレータとは

ロータリーエバポレータ

ロータリーエバポレータとは、試料中の溶媒を蒸発させて、試料を濃縮することができる蒸留装置です。水浴、試料を入れるフラスコ、冷却水循環装置、除去された溶媒をためるフラスコ、減圧ポンプなどから構成されています。

減圧ポンプで系内を減圧し、水浴で温度調節しながら、試料が入ったフラスコを回転させて使用します。フラスコを回転させ、フラスコの壁面に溶媒の膜をつくって表面積を増やすことで、効率的に溶媒を蒸発させることができる仕組みになっています。有機合成などの化学系の研究開発分野では必須の装置です。

ロータリーエバポレータの使用用途

ロータリーエバポレータを使用すると、溶媒を蒸発させることで溶液中の目的成分を濃縮することができます。また、粉末試料を乾燥することもできます。

基本的には目的成分を濃縮する、試料から溶媒を除去する目的で使用します。低沸点溶媒では加熱の必要なく溶媒を除去することもできるので、試料が熱に弱い場合などには適した方法です。有機合成などの分野では、原料を溶液中で化学反応させて目的物を合成することが多いため、頻繁に使用されている装置の1つです。

ロータリーエバポレータの原理

ロータリーエバポレータは水浴、試料を入れるフラスコ、冷却水循環装置、除去された溶媒をためるフラスコ、減圧ポンプなどから構成されています。減圧ポンプで装置内を減圧することで、溶媒の沸点を減少させ、低温で蒸発できる仕組みになっています。また、試料が入ったフラスコは回転できる機構になっています。フラスコを回転させてフラスコの内壁に溶媒の膜をつくることで、溶媒の表面積を増加させて効率的に蒸発させることができます。蒸発した溶媒は冷却水循環装置で冷やされて液体に戻り、別のフラスコにたまる仕組みになっています。

減圧にはアスピレータ真空ポンプなどが使われます。装置内を減圧すればするほど溶媒の沸点が減少するので、より低温で蒸発するようになります。一方で、低沸点溶媒については蒸発速度が速くなりすぎるので注意が必要です。また、フラスコ内に沈殿や撹拌子がある場合は非常に突沸しやすくなるので、沈殿や撹拌子を取り除いてからの使用する必要があります。装置接続部とフラスコの間にトラップ球を接続し、突沸しても装置本体の中に試料が入らないようにすることも可能です。

参考文献
https://files.yamato-net.co.jp/support/catalog/p0366_r-220se.pdf
https://ssl.eyela.co.jp/products/pdf/N1300V.pdf

ロータリーエバポレータの性能比較

各種ロータリーエバポレータの値をグラフにプロットし、表にしました。ベータ版機能のため一部製品のみの表示となっております。

ロータリーエバポレータの性能比較表

横にスクロールすると表の全体をご覧頂けます。

製品名 ロータリーエバポレータ ロータリーエバポレータRE301 ロータリーエバポレータRE601 ロータリーエバポレータ ロータリーエバポレータN-4010 ロータリーエバポレータ ロータリーエバポレータ ロータリーエバポレータ
蒸発フラスコ最大容量[L] 2 2 2 1 20 4 20 3
最高回転数[rpm] 315 250 250 310 140 280 150 250
会社名 ヤマト科学株式会社 ヤマト科学株式会社 ヤマト科学株式会社 東京理化器械株式会社 東京理化器械株式会社 柴田科学株式会社 日本ビュッヒ株式会社 東京硝子器械株式会社

ロータリーエバポレータのメーカー情報

ロータリーエバポレータのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 柴田科学株式会社
  3. 3 株式会社池田理化

設立年の新しい会社

  1. 1 日本ビュッヒ株式会社
  2. 2 タナカ・トレーディング株式会社
  3. 3 株式会社テックジャム

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 柴田科学株式会社
  3. 3 株式会社池田理化

ロータリーエバポレータのメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す